【リボベジ】野菜の切れ端を再生させる!〜薬味ねぎ編

2019年9月24日リボベジリボベジ

本来なら生ゴミとして捨てる「野菜の切れ端」を再生させる、リボーンベジタブル。
略してリボベジ
「お水」と「入れ物」さえあれば、真夏以外は実践できちゃう超簡単な再生野菜です。

リボベジにはまりまくっているhanikoのリボベジ記録!
今年は猛暑が続いたので、リボベジは久しぶりの再開です。

薬味ネギのリボベジ

今回は「薬味ネギ(小口ネギ)」を試したときの記録です。

薬味ねぎの切れ端を再生させる方法

薬味ネギの切れ端を再生させるための手順は2つのみ。

  • 根元をいつもより少し長め(3〜5cm程度)に切る
  • 入れ物に入れ、根っこ部分だけが浸るように水を入れる

これだけでOKです♪

スーパーや商品によっては、根っこ部分が切り落とされているネギもあるかと思います。
その場合も根っこが生えてくる部分が浸る程度の水を入れればOK。
根っこも、徐々に再生してくれます。

このとき入れる水が多すぎると、ネギが腐りやすくなってしまいます
入れる水は少なめで大丈夫です。

水は1日1回は取り替えます。
上側の切り口部分が濡れた場合も腐りやすくなってしまうので、水換えの際は要注意です。

haniko家で再生させた薬味ネギ記録

薬味ネギの成長スピードは凄まじいです。

そして必要な時に必要な分だけを収穫することができるため、「ちょっとだけ新鮮なネギが欲しい」なんてときに大活躍です!

2019年9月2日、薬味ネギのリボベジ開始!

切れ端をプラカップへセット

薬味ネギのリボベジを開始します。
切ったネギをプラカップに入れ、根っこ部分だけ浸るように水を入れました。

実は写真は、セットしてから半日後。
朝に切ってセットして、バタバタしていたので撮影が夜になってしまったのですが……

半日で既に成長を始めます

もう、切り口の向こう側からニョキッとネギが伸びている跡が!

初日からこのスピード、素晴らしいですね。

9月4日、成長します

伸びるリボベジのネギ

2日でこんなに伸びました。
一部のネギは、既にプラカップからはみ出しています。

なんだか見るたびに伸びている気がして、成長を見守るのが楽しいです。

9月7日、どんどん成長します

さらに伸びるリボベジのネギ

リボベジを始めてから5日後、全てのネギがプラカップからはみ出しました。
驚異の成長スピードです。

9月10日、一度目の収穫!

一週間で大きな成長を見せてくれたネギ

リボベジスタートからおよそ一週間!
だいぶ伸びてきました。プラカップの倍以上まで育ってくれた子もいます。

夕食に「あと一品」が欲しかったので、冷奴用にキッチンバサミでネギを一部だけ収穫します。

冷奴に乗せたリボベジネギ

チョキチョキ乗せるだけ♪
あんまりキッチンバサミ切りを修得していないので、小口切りにはなってないです。笑

冷奴二人分のネギを収穫しましたが、もうちょっとネギ切っちゃっても良かったかも。
ネギはたくさん乗せた方が美味しいですよね。

短くなったリボベジネギ

ちょっと短くなりました。
一度収穫しましたが、まだ続けます。

9月18日、二度目の収穫

収穫後も伸びるリボベジネギ

再び成長してきました(*^^)
特に一本、ピーンとまっすぐ元気に育って目立っていますね。

根元部分が少し水でふやけて柔らかくなってきたので、ここで全部収穫してしまうことにしました。このまま続けると腐ってしまうかもしれません。リボベジは引き際も肝心です。

若干ネギの根元部分にも水が浸ってしまっていたから(根っこより少し上のところまで)、水の量をもっと少なめにしたらもう少し長く楽しめるかも。

リボベジネギを乗せたとん平焼き

最後の収穫はとん平焼きに♪

簡単で便利! 常備したいネギのリボベジ

映画「天気の子」でもヒロインの陽菜ちゃんが実践していた、ネギのリボベジでした。

水を入れておくだけで勝手にスピーディに再生してくれるため、とっても簡単な薬味ネギのリボベジ。
注意点は「水の入れすぎ」ぐらいです。
良かれと思っていっぱいあげがちですが、想像以上に少なめで大丈夫。
水の量次第で、もう少し長く楽しめると思います。

ネギはちょっとした時にちょっと欲しくなるから、使いたい時に必要な分だけ使えるリボベジねぎは大活躍!
風味も落ちることなく、しっかりネギの香りや味を楽しめます。
常備したいリボベジのひとつです♪

リボベジの本も

育てても食べても楽しい簡単リボベジ、実はいろんな書籍も多数出版・販売されているんですよ。

手軽にできるリボベジがたくさん紹介されている本。
いつでも読めてすぐに実践できるように、一冊手元に置いておくのも良いですね(*^^)