【石川】「のとじま水族館」が想像以上に素敵だった①〜七尾駅からバスでのとじま水族館へ

お出かけスポット七尾, 動物・生き物

ひゃくまん穀まかない最終日の日記でちらっと触れたのですが、1月19日に石川県七尾市に行ってまいりました!

七尾駅では七尾市のキャラクター「とうはくん」がお出迎え♪

この日、七尾まで来た理由はお目当てのランチがあったから。
思い立って行ったので予約せずに向かったところ、たまたま臨時休業。
(東京で長期イベントに出店されていたそうです。美味しいお店なんだろなー・・・今度リベンジ!)

ちょっとショックでしたが、当日に思い立って行動する人間には、こういう想定外のことは日常茶飯事。笑
気分を切り替えて、どこに行こうかリサーチ開始♪

幸いにも私たちはそのお店の「限定8食」メニューをめがけてきており、開店直後の11時過ぎに着くようにしていたので、 ランチタイムに余裕あり。

で、調べていると「七尾駅からバスでのとじま水族館に行ける」ことが判明!
(リサーチがランチからだいぶ脱線)

実は私、水族館がめちゃくちゃ大好き!!
京都に住んでた頃は、近畿地方の水族館は大体回りました。
とある水族館は年パスの所持経験もあり。笑

特にサメがめちゃくちゃ好きで、実家にはサメ図鑑やサメフィギュアがたくさん。
誰かと水族館に行くと、頼まれてもないのに「あれは○○サメやで! こういうとこ特徴やで!」なんてテンション上がってガイドを始めてしまう始末。笑

ここでも語り始めると止まらないので自制しますが・・・

バスの時間を調べてみると、まさに今から七尾駅に行ったらいい感じなタイミング♪
さらに、それを逃すと次のバスは2時間後。

ランチしてたら多分行けなかっただろう水族館が、めっちゃいい感じに行けるのは運命かも。
これはもう行くしかない!

・・・と思って七尾駅に戻るものの、七尾駅のバスターミナルから出てるバスでは行けない様子。

のとじま水族館公式HPの交通アクセスでは、しっかり「七尾駅前」のバス停と書かれています。
でも、駅前のターミナルにはない。どういうことだ・・・!

バスの発車時刻まであと10分。
バス停が見つけられず、焦り始める私たち。

逆向きの同バスのバス停は少し離れた道路で見つけられたものの、肝心の「のとじま水族館行き」に乗れる場所がわからない。。
でもなんとかそのバス停の位置から推理?笑 して、割と直前に無事発見!

七尾駅前に関西では馴染みのない百貨店「大和」があるのですが、そことIR(JRの石川版)の線路の間の道にありました。

バスで七尾駅からのとじま水族館に行く方はお気をつけを・・・!
七尾駅の改札を出て左側です!

全然違うタイミングで撮った写真(到着後すぐ「いい天気だな〜」の写真)なのでバス停写ってないですが、この道の反対車線側にありますー!

そんなこんなでなんとかバスに間に合い乗車!

のとじま水族館は能登島にある水族館。

能登島は二本の橋によって本州とつながっている島です。
海に囲まれているんですが、本州との距離はだいぶ近め!

そのためバス車内から見る海の景色はこんな感じ↓で、対岸が見えます。

なんとなく琵琶湖を思い出して、懐かしい気分になりました。笑

そうして七尾駅からバスで40分ほど。

途中楽しそうな道の駅や美術館もありましたが、終点「のとじま水族館」に到着〜〜〜!

水族館の前にはジンベイザメの像が。

そう。ここ「のとじま水族館」にはジンベイザメが2匹いるとのこと♪

ワクワクしながらチケットを購入し、いざ水族館の中へ!

「のとじま水族館」②〜コタツからジンベイザメを眺められる』へ続きます♪

◆hanikoの冬の「のとじま水族館」日記
①〜七尾駅からバスでのとじま水族館へ(本記事)
②〜コタツからジンベイザメが眺められる
③〜豊富なランチ&イルカに手軽に餌やり
④〜サービス精神旺盛すぎる生き物たち
⑤〜距離が近い!屋内イルカ&アシカショー
⑥〜光や映像で幻想的に魅せる本館
⑦〜その他見所&まとめ

◆のとじま水族館
https://www.notoaqua.jp