金沢駅すぐのお寿司屋さん「にぎり小屋眩歓」

2019年1月21日石川暮らし, カフェ・レストラン石川, 金沢, 企画参加, 食べ物

金沢駅から歩いてすぐ、「にぎり小屋 眩歓(げんかん)」というお寿司屋さんへ行ってきました!
※追記:現在お店の名前が変わり、「加賀百万石の味 げんかん 金沢駅前店」という名前で営業されています。

回らないお寿司屋さんですが、そこまで高級ではなく割とリーズナブル。でも、味は本物!
アクセスも良いので観光客も行きやすいお店です。

今回行ったところ

◆ にぎり小屋 眩歓(げんかん)
食べログ

にぎり小屋 眩歓(げんかん)

金沢駅から徒歩5分ほどで、駅前別院商店街の入り口にあるお店。
店名の通り、「商店街の玄関」に位置するんですね。

こちらのお店は、まわらないお寿司屋さんなので、普段ならちょっと敷居が高くて入りにくいところ。
駅前にあるため観光客が多いイメージもありました。

今回は狙っているメニューがあったので、ドキドキしつつも勇気を出して入店!

常連さんが多いお店

店内はカウンター席と、テーブル席が数席。
待つことはなくすぐに入店できましたが、多くのお客さんで賑わっていました。

雰囲気的には常連さんが多そうでしたが、一見さんでも居辛さはありません。
観光で石川に訪れた人も行きやすい雰囲気です。
場所がアクセス抜群なので、遅くまで飲めるのもありがたいですね。

外観とお寿司というイメージから入りにくいと感じたお店でしたが、入ってみると和気あいあいとした楽しい雰囲気のお店でした。

そしてお店のスタッフさんの笑顔も素敵♪

店内には有名人のサインも飾られていました。人気&有名なお店なんですね!

インバウンド対策もされています

メニューの表紙、店名部分は金箔仕様。
やっぱり観光客にとっては金沢=金箔というイメージもあるので、観光客に嬉しいですね。
シックな黒×金、すごく高級感があって素敵です。

中身は後半が英語メニューになっていました。
やはり金沢駅すぐ近くのお寿司屋さんは外国人観光客の方も多いでしょうから、インバウンド対策もバッチリなお店でした。

コースターには、「O・MO・TE・NA・SHI」の文字も。

お通しも美味しい

席についた瞬間、びっくりするぐらい早いタイミングでお通しが。

もうお通しがいきなり美味しそうです。
日本酒が飲みたい。

しかしこの日、今回は私が万全の状態ではなかったので、アルコールは控えることにしました。酎ハイで我慢。。(結局飲みはする)

目当ての「ひゃくまん穀まかない」のメニューがユッケ丼だったので、お寿司屋さんですがお寿司は注文せず。
しかしお隣のテーブルから聞こえる「お寿司おいしい〜!」の声に何度も揺さぶられました。笑

ブリ大根とガスエビの唐揚げ

ユッケ丼の前にお願いしたのは、寒い冬に心も体も温まりそうなブリ大根。こちらお店の名物メニューだそう。
そしてちょいちょいつまめる、ガスエビの唐揚げもいただきました。

このブリ大根が衝撃。

しっかり煮込まれて味しみしみ。全体ほろほろ、目元はトロトロ。
骨までまるごと全部いただける柔らかさなんです!
残すところ一切なし。目に入るもの全部食べれる。最高です!

メニューでブリ大根に「名物」と書かれてたんですけど、完全に納得。
お寿司屋さんのブリ大根は、盛り付けもすごく綺麗です。もちろん味も絶品!

ガスエビの唐揚げも、カラッと揚げられたサクサクしたエビの食感に絶妙な塩加減。
無限にいただけちゃいそうな美味しさでした。

海鮮ユッケ丼

そして本日の目玉。
〆のひゃくまん穀まかないランチ(ディナー)がやってきました。

海鮮ユッケ丼です♪

小丼サイズで、〆にはちょうど良い量。

石川のお寿司屋さんの海鮮ユッケ丼、お魚たちが本当に新鮮で美味しいですね。

ごちそうさまでした

ひゃくまん穀まかないを含め、今回いただいたすべてのメニューが感動的に美味しかったです。

アクセスも抜群だし、金沢駅近くに来る時はまた行きたい。
海鮮が美味しい「金沢らしさ」もしっかり感じられるので、県外の友人が石川に遊びに来た時は一緒にここに行こうかな、と思えるお店でした。

ごちそうさまでした!

今回行ったところ

◆ にぎり小屋 眩歓(げんかん)
食べログ

ひゃくまん穀はネットでも購入可

今回いただいたひゃくまん穀まかない「能登豚のオムハヤシ」に使用された、石川のお米・ひゃくまん穀。
石川県内のスーパーで販売されていますが、amazonや楽天でも購入できます。

県外にお住いの方もぜひ一度、石川のお米「ひゃくまん穀」をお試しください(*^^)
とっても美味しいですよ〜!

JAタウンでも「のし付き」で購入できますので、贈答用にも!

JAタウン「贈答用 石川県産 ひゃくまん穀(5kg)」