祇園の隠れ家「祇をん ひつじカフェ」で可愛いプチシュー/京都

2019年1月20日カフェ・レストラン京都, カフェ, コーヒー, スイーツ

京都・祇園といえば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?
芸妓さん、舞妓さん、京料理をいただける高級料亭、一見さんお断り、夜の街……

「ちょっと近寄りがたい」というイメージもあるかもしれない祇園ですが、隠れ家カフェがあるんです♪

それがこちら、「祇をん ひつじカフェ」というお店。
中庭のある高級感あふれる外観ですが、女子が大興奮の可愛いスイーツ、プチシューがいただけるんです。

今回行ったところ

◆ 祇をん ひつじカフェ
公式HP

祇をん ひつじカフェ

京阪・祇園四条駅から徒歩10分ほどのところ、祇園の中心部にあるひつじカフェ。
一軒家のお店ですが、「祇をんひつじカフェ」は1F部分。
2Fには「祇をんひつじ」というおばんざいとお酒がいただけるお店になっています。
和洋どちらでも楽しめるお店なんですね。2Fは祇園では珍しいテラス席もあり、季節を感じながらお料理をいただくことができますよ。

私が今回行ったのは「祇をんひつじカフェ」で、1Fのカフェの方です。
夜の街にふさわしく午前2時までオープンしている貴重なカフェは、店内にジャズが流れていてオシャレな雰囲気を楽しむことができます。

遅い時間でも満席が多い

ひつじカフェ、席は20もないくらい。4人掛けテーブルが複数あったりするため、席数が多くありません。
また人気のあるお店ですので、遅い時間であっても満席になっていることが多いです。

私が今回お邪魔した時もまさに満席!
21時くらいの時間帯でしたが、4人でうかがったため座れる席も限られ、いつ通していただけるかわからない状態でした。

しかしお店の方は親切で、席があいたら連絡してくださるとのこと。大変ありがたいです。
そのため少し離れてウロウロすることもできたのですが、ひつじカフェの中庭も素敵だったので、そこで待たせてもらうことに。
中庭にはベンチがあり、植物や池を眺めながらお話ししているとあっという間に時間が経過し、意外と早くお電話をいただきました。

ひつじカフェの可愛いスイーツ

このひつじカフェ、専属のパティシエが作る「プチシュー」が名物として有名なお店。

公式HPのカフェメニューにはプチシューが一種類しか載っていないのですが、実際にお店のメニューを拝見するといろんな種類がありました!
メニュー写真撮ってなかったのが悔やまれます。。

この日は四人全員、期間限定のプチシュー&コーヒーをお願いしました。

レトロな珈琲

まずコーヒーがテーブルに!

フレンチプレスでいただきます。
このコーヒーカップうあ砂時計など、全てレトロな感じでテンションが上がります!

砂時計が落ちたらコーヒーの飲みどき。だいたいコーヒー二杯分いただけます。
ちなみに二杯目の時、酔っていたこともあり粉受けをセットするの忘れ、粗挽きのコーヒー豆が少しinしてしまいました。皆様はお気をつけくださいね。笑

プチシュー

そしてこちらが、ひつじカフェの名物プチシュー!
一口サイズの小さなシューが四つ、お皿にデコレーションされています。
ハートの砂糖菓子がとても可愛らしいですね♪

私たちは四人それぞれ全員が同じものを頼んだので、計16個のプチシューが一つのテーブルに集結。

「めっちゃ可愛いし、食べるの勿体ないよなぁ」と言い合うのは10秒くらい。
写真撮り終わったらすぐに、一口で一個ずつパクっ。笑

ふわっとしつつもサクサク感があるシュー。中身はカスタードといちごクリーム。プチなのにしっかりクリームが詰まっています。
プチシューは注文を受けてからクリームを入れられるそうで、そのためベチャッとせず食感の美味しい絶品のプチシューがいただけるそうです。

4口で終わってしまったのが寂しかったですが、ひとときの幸せタイムを味わえました!

ごちそうさまでした

こちらのプチシュー、テイクアウトすることも可能です。
ファンも多いそうで遠方から買いに来られる方もいるそうですよ。

そして飲みに行った後でも行けるような、遅い時間までオープンしているカフェはかなり貴重です。しかも美味しくて可愛いスイーツがいただけるとなると、なおさら嬉しいですよね。

何より、夜に食べるスイーツって、罪悪感が絶妙なスパイスになってさらに美味しく感じちゃうんですよね。。笑
普段にも飲み会の後にも、重宝するお店です!

今回行ったところ

◆ 祇をん ひつじカフェ
公式HP
食べログ


営業時間:11:00~AM2:00
定休日:日曜日・祝日
住所:京都府京都市東山区祇園町北側347祇園楽宴小路内/祇園四条駅から徒歩10分
電話番号:075-551-1567

※投稿時の情報です。最新情報はお店の公式情報をお確かめください!