Apple Watch SE2(新型)!生活に一週間取り入れてみた感想

2022年9月30日ファッション・雑貨感想・レビュー

アップルウォッチを生活に取り入れて、一週間!
健康・運動管理ができる上に、「なんでもっと早く取り入れなかったのか…」と思うくらい、生活が便利で快適になりました。

Apple Watch SE2

今回は私が購入した「Apple Watch SE2(新型)」の感想と、最初に感じた困ったこと・戸惑ったことを記します。

★ 持ち主について

  • 購入したウォッチ:Apple Watch SE (2nd gen)(GPS)
  • スマホ:iPhoneXS
  • PC:Mac Book Pro2020
  • その他:肌が弱い。プチ金属アレルギー持ち(酸化金属。体調によって変動)

まずはざっくりした感想

私が購入したのは2022年9月16日に発売された、「Apple Watch SE2(新型)」。
お色はスターライトで、バンドもスターライトのスポーツバンド
(Amazonや家電量販店など、Apple公式以外で購入する場合は必然的にスポーツベルトがセットになる模様)

使い始めてから一週間で、私が「めっちゃ良い!」と思ったことはざっくり以下。(後ほど深堀り)

  • 付けるだけで心拍数や睡眠などの健康管理ができる!
  • 運動を記録してくれる上、達成するとめっちゃ褒めてくれる!
  • 通知をスマホで見る前に確認できる!
  • リマインダーなどのApple純正アプリなどはリアルタイム同期!
  • 天気・気温・UV指数・降水確率・マップが見れる!
  • 電卓も使える!
  • 振動のみのアラームも設定できて、音無しで目覚められる!
  • 文字盤を使いやすく好みにカスタマイズできる!
  • 毎日1時間の充電時以外つけっぱなしで大丈夫!
  • マスクしててもface IDのロック解除ができる!(iPhone12未満歓喜!)

そして戸惑ったこと、困ったことは以下。(こちらも後ほど深堀り)
※最初だけのもの、現在進行形のものも含みます。

  • iPhoneのシステムアップデート(6.0以上)が必要でなかなか始められなかった
  • 別途購入した1280円の保護シートが一晩で剥がれた
  • スポーツバンドだけ、金属部分でアレルギー反応起こすことがある
  • Macのロック解除はたまにしか反応しない
    (→2022/10/20追記:アップデート後、しっかり反応するようになりました!)
  • Coke ONアプリなど、一部の歩数測定アプリにはアップルウォッチの歩数が反映されない

Apple Watchのここがいい!

身につけたアップルウォッチ

それでは先述した「良いところ」を、まとめつつ詳しく記しますね。

健康管理ができる

やっぱりアップルウォッチを持つ理由として、一般的にはこれがまず挙がるのではないでしょうか。
「健康管理」は自分でやるにはとても難しいですよね。

アップルウォッチなら付けているだけで、自動で心拍数などを測ってくれます。
付けたままで寝れば睡眠の質なども教えてくれます。

実際付けて寝てみると、睡眠状態は日によって全然違って、体感として私はすごく納得できる結果でした。

睡眠記録

夜中何度も「覚醒」していると判断されている日は、朝の目覚めが悪くアラームを止めても布団に潜ってしまうほど「寝足りない……」という状態でした。
一方で、「覚醒」が少ない日はアラームがなるよりも先にスッキリと目覚めることができた日でした。

もちろん付けるだけで睡眠の質が勝手にあがるわけではありません。睡眠の質を上げるためには自分で試行錯誤する必要があります。
アップルウォッチの記録をみつつ、「こうしてみたら睡眠の質が上がった!」とか試してみたり、「これをしている日は睡眠の質が悪いのかな」と見直すキッカケになるので、とても参考になるなぁと思います。

運動管理

運動管理も、アップルウォッチの良さを語る上で欠かせない存在です。

日々の運動記録はまず「アクティビティ」というアプリで、3つのリング上に記録されていきます。

アクティビティ3つの色のリング

外周の赤色が「ムーブ」という、運動による消費カロリー
真ん中の緑色が「エクササイズ」という、早歩き以上の運動をした時間
内側の青色が「スタンド」という、一日のうち一時間に1分以上立って体を動かした回数

これら3つそれぞれバーが伸びていって、目標達成するとリングが完成するような形になります。

リングが達成

なんとなく運動するより、目標があった方がやる気の度合いが全く違うので、とてもよい指標になります。
全てのリングについて目標は自分で設定できるので、徐々に目標を上げていくと健康的な体ができそうですね!

また、運動時に「ワークアウト」というアプリも併用すると、自分がいつ・何を・どれくらいやったかが記録できます。
屋外ウォーキングの場合、歩いたルートを記録することまでできるんですよ。

そしてアクティビティもワークも、何か達成すると「バッジ」というものを入手することがあります。
ゲーマー的に言うと、プレステのトロフィー・Xboxの実績・モンハンの勲章……などなど、そんな感じ。
「色々挑戦してみよう!」という気になるので、楽しみながら運動ができるようになりました。

褒めてくれるApple Watch

さらに何かしら達成すると、Apple Watchがめちゃくちゃ褒めてくれるのでモチベーションもアップします。
(呼んでくれる名前はiPhoneで設定可能。ちなみにApple Watch画面のスクショも設定可能)

アクティビティやワークアウトの記録は全てiPhone上の大きな画面でも確認できるので、後から見返すのも簡単。
頑張った日やサボった日が一目瞭然になります。

iPhoneに入れているアプリとの連携・通知

私はもともと「健康管理・運動管理だけでもいいや」という気持ちで導入したんですが、なんだかんだスマホにくる通知がアップルウォッチで見れたり、連携できたりするのも非常に便利でした。

通知はアプリごとにON・OFFが可能なので、要らないものはOFFにしておくと余計な通知が来ないように設定できます。
(スマホを触っている時はそもそも、Apple Watchには通知きません)

LINEやChatworkなどのメッセージアプリは、アップルウォッチ上で内容確認が可能。
運動中や作業中にでも、リアルタイムで確認できるので、急ぎの要件だったらすぐに対応することができます。

リマインダーカレンダーなどのApple純正アプリは自動で同期されます。予定やタスクの取りこぼしが減って非常に便利。
これらは音声入力で、アップルウォッチ上でも入力が可能なんです!
手元にスマホが無いときでも、忘れないうちに予定やタスクを入れることができます。

※残念ながら純正「メモ」アプリは対応外の様子。なのでちょっとしたメモはリマインダーで代用するのが良さそう。

天気やマップ確認、電卓も使える

今日の天気など(一日の天気・降水確率・UV指数・気温)も簡単に確認できます。

温度変化が激しい時期は特に、気温の表示がありがたいです。
最低気温・最高気温・今の気温がわかるため、「朝は肌寒いけど昼から暑くなりそうだな」と今日着る服の選択も簡単。

マップを見ることもできます。単体で現在地のマップを見ることもできるし、iPhoneで目的地を設定したら、ナビもしてくれます。
腕時計でマップを見るのってちょっとスパイ的でカッコイイ。笑
というだけでなく、スマホをいちいち出して確認して……とする必要がないので、かなり快適です。

お出かけ中といえば、電卓も入っているので計算ができます。
私の大好きなスーパーなどのおつとめ品コーナー、「1000円の8割引」とかなら頭の中で計算できるんですけど、「650円の8割引」とか書かれていると、計算が苦手な私は暗算ができないんです。。
非常に便利です。
(リマインダーアプリも同様に買い物時、お買い物リストとしても便利。お店でスマホ出すためにカバンごそごそするのは面倒ですよね)

振動のみのアラーム設定ができる

私は腕時計から音が出るのが嫌いなので、通知などは全て振動のみに設定中。アラームも振動のみで設定できます。
Apple Watchの振動だと、自分の手首しか振動しません。静かなので、たとえば同じ部屋で一緒に寝ている人がいる場合に、人を起こさず自分だけ起きることができます。

振動だけで起きる?って疑問が最初ありましたが、手首をブルブル振動されると結構起きるんですね!

ただ初日は私の場合、アラーム振動中の5分間ほど起きずに悪夢を見てしまいました。
(バスの中で、アップルウォッチが振動し続けて止まらない!周りの人がウザそうに私を見ている!どうしよう、なんで止まらないのー!と、焦る夢)

ちょっと振動する感じが独特なので、慣れるまではちょっと時間がかかるかも。
3日目くらいから、すんなり気持ちよく起きられるようになりました。

文字盤をカスタマイズできる

文字盤のカスタマイズがなかなか自由にできます。

大まかなベースのデザインを選んだ後に、カラーリングや何を表示させるかは自分の好みで設定可能。
また、文字盤はひとつではなく複数設定できて、スライドすると複数の文字盤を切り替えられます。

文字盤デザイン

私は今のところ上記3つ。
下2つは日付と時間が見やすいため気に入っている同じデザインで、表示内容だけ変えています。

まだまだ探り探りなので、今後ガシガシ変えたり増やしたりしていく予定。

充電が意外と保つ!

Apple Watch SE2(新型)、購入時の確認では「バッテリー最大18時間」というスペックでした。
基本的にお風呂以外は一日ずっと付けっぱなしにしたかったので、「24時間もってくれないの!?」とちょっとネックでした。
が、実際に使ってみたところお風呂前後の1時間だけ充電すれば、あとはずっと腕に付けっぱなしでも十分バッテリーは保ってくれました

ワークアウトアプリをどれくらい使うかにもよるようです。私の場合、充電直前の残バッテリーは大体、

  • ワークアウトを2時間半ほど使った日:残り20%
  • ワークアウトを1時間〜1時間半ほど使った日:残り30〜40%

という状況。
充電も急速充電対応アダプタであれば、1時間かからないくらいでフル充電できています。

もちろん使用頻度などで状況は変わると思うので、参考程度に。

マスクしてface IDのロック解除!

最後になりましたが、私が「これだけのためでも価値があった!」と思わず感動したのがコレ。
マスクしててもface IDのロック解除ができる!ということ。

iPhone12以上の機種をお使いでシステムアップデートもされてる方なら、「マスクしてても今のiPhoneなら、ロック解除できるでしょ?」なんて思うかもしれません。

……私が使っているiPhoneXSはそのアップデート、非対応なんです!!

そのため外出時は、ずーっとパスコードを打たないといけなかったんです。

一度設定だけしてしまうと、今はアップルウォッチを付けていたらマスクしていてもロック解除してくれるようになりました。
お店のレジでのコード決済時も、パスコード打つ時間をお待たせすることも無くなってサクサク。本当に快適です。

Apple Watchの戸惑い部分

大満足していますが、初期設定時に戸惑った部分・困った部分もありましたし、ちょっとだけ不満なこともあります。
(Apple Watchの問題だけではなく、自分やサードパーティアプリが原因がほとんど)

iPhoneソフトウェアアップデート(iOS6.0以上)が必要

一番最初のペアリング開始時。
iPhoneのソフトウェアアップデート(iOS6.0以上)が必要で、なかなかペアリングができませんでした。

私はiPhoneの自動アップデートはオンにしているんですが、iPhoneのアップデート通知がくるとき、人によって時差がありますよね。
自動通知が来ていなかったので手動で確認したところ、バージョンが古かったのですぐにアップデート。
30分ほど経って完了したのでもう一度チャレンジしても、まだ「iOSが非対応です」と出てペアリングできず……確認したところ、「iOS 5.○.○」部分のマイナーアップデートが完了した状態でした。

そこから再度「iOS6.0.0」にアップデート。また30分。

「Apple Watchゲットだぜ!ひゃっほーい!」と使い始めようとしてから、実際にペアリングできるまで1時間ほどかかりました。

今後Apple Watchを初めて購入予定!という方は、スムーズにペアリングできるように、事前に最新のソフトウェアアップデートをしておいた方が良いと思います。

保護シートが一晩で剥がれた

購入時、保護シートも一緒に購入しました。
アップルウォッチのアクセサリーは保護シート以外にカバーケースもありますが、見栄えを重視したくて保護シートだけをセレクトしたんです。
(家電量販店の店員さんも「ケースはファッションに影響出るから、シートだけの人も多い」とおっしゃってました)

が、一晩寝て起きたら、保護シートが私のパジャマにペタリ。
私の寝相が悪いためだと思うんですが、寝ている間にアップルウォッチに付けていた保護シートが剥がれてしまっていたんです。
剥がれた保護シートにはホコリやパジャマの繊維がベッタリ付いてしまったので、もう使うことはできません。

1280円した、それなりの保護シート。
このお値段を毎日使い捨てのように貼り替えるほどブルジョワじゃないので、寝相が悪い私は保護シートのみでいくことを諦めました。

クリアケース

いったん仮で、安めのクリアケースを付けています。
(良さげなケースを見つけ次第、付け替える予定)

2022年11月追記:
スターライトのお色が気に入っているので、下記を購入しました!
届き次第、また感想をアップ予定です。

バンドの金属部分はアレルギー反応起こすことがあるかも

私は肌が弱くて、一部金属に、特定の場合だけアレルギー反応を起こすことがあります。
特定の場合というのは、汗をかいたとき。ずっとダメなわけじゃなく体調にも大きく起因します。

アップルウォッチとバンドは運動時にも付け続けるものなので、もちろん汗をかいちゃいますよね。

そのため疲れている時や体調が悪い時は、バンドの金属の留め具部分だけ……

写真ではわかりにくいでしょうか。
このようにたまに皮膚が赤くなり、痒みもあります。(痒みが強い時は、もっとポツポツふくらんで湿疹ができることも)

アップルウォッチのバンドは公式・非公式ともにさまざまな種類が出ていて、金属が使われていないバンドもたくさんあります。

アップルウォッチ本体(ケース)自体は問題なさそうなので、今後バンドだけ変更予定。
見た目は結構、お気に入りだったんですけどね。。

可愛くて、金属なくて、通気性が良くて……というバンドを探し中。

同じように金属に弱い体質の方は、バンド変更おすすめします!

2022年11月追記:
スターライトのお色が気に入っているので、下記を購入しました!
届き次第、また感想をアップ予定です。

MacBookのロック解除はたまにしか反応しない

私のMacBookは指紋認証があるのでそんなに困っていないんですが……
iPhoneのロック解除はスムーズなのに、Macのロック解除は反応しないことが多いんです。
たま〜に反応してくれるくらい。

この機能自体が指紋認証非対応のMacにとって便利なものなので、私的にはそんなに問題はありませんが。
一応メモ。

2022/10/20追記:
Apple Watchアップデート後、スムーズに反応してくれるようになりました!

一部の歩数測定アプリにアップルウォッチ歩数が反映されない

私が愛用しているアプリのひとつに「Coke ON」という、コカ・コーラ社さんのアプリがあります。
このアプリをなぜ愛用しているかというと、自販機でジュースをよく買うから……ではありません。ズバリ、いっぱい歩くとスタンプがもらえて、スタンプが貯まるとジュースが無料でもらえるからです!

つまりCoke ONのアプリにアップルウォッチの歩数がカウントされると万々歳。
なんてったって、スマホを持ち歩いていないときも歩きますよね。特に家の中とか、四六時中スマホを持ち歩く方はそう多くはないと思います。
Apple Watchを身につけていれば、その分の歩数も全部カウントされるんですよね。

ですが検証してみた結果、Coke ONにはApple Watchの歩数は残念ながら連携・カウントされませんでした

アプリによっては連携されるものもある様子。
私がCoke ON以外で入れている歩数計アプリは「いしかわスポーツマイレージ」と「JAさんぽ」で、この2つはちゃんとカウントされていました。

個人的にはCoke ONが一番連携してほしかったけど……
Coke ONの開発者さん、本当お願いします!

1週間でも大満足。継続できそう!

いろいろありましたが、この一週間はとにかく便利で快適でした。
まだ探り探りな部分もあるし、全ての魅力は見つけられていないと思います。
が、たった一週間で、もうすっかり手離せなくなっちゃいましたよ。

Apple Watchはガジェットでありつつ、腕時計というファッションにも深く関わりがあるもの。
なので、今のところ少し不満があるケースとバンドは優先的にいいやつを探したいなぁと思っています。
どちらも手軽に変えられるので、複数持って気分で変えるのも良いですよね!

同時発売された「Apple Watch series8」や「Apple Watch Ultra」には心電図や血中酸素濃度も管理できるセンサー、月経予測ができる皮膚温センサーがあり、それも大変魅力的でしたが……
SEでも十分健康管理などはできましたし、お値段お手頃。

初Apple Watchのエントリーモデルとしては十分です。とても満足しています!