金沢土産の「金箔入り珈琲」金箔を沈殿させずに飲む方法

2019年1月19日お土産・テイクアウト石川, 金沢, コーヒー, お土産, うつわ

京都人から石川人へなったものの、ちょこちょこ京都にも用事で帰るhanikoです。
帰省のたびに友人や知人と会うので、私は石川のお土産をよく買います。

その中で先日購入してみた「金箔珈琲」、自分の分もGetしたのですが……
普通に入れるとせっかくの金箔が沈殿して、見た目はただのコーヒーになってしまいます。

しかしこの金箔を沈殿させずに飲む方法を編み出しました。(大げさなものではないです)
お湯とコーヒー、淹れる順番を変更するだけ!

金箔がキラキラ輝く珈琲です

見た目にも豪華な金箔珈琲をいただくことができますよ(*^^)

金沢といえば金箔のイメージ

金沢といえば金箔!
と言うくらい、金沢の街を歩けば金箔押しが結構強め。

ダイレクトにベタッと貼り付けられた金箔ソフトクリーム。
キラッキラな金箔パック。
金箔が入っている化粧水。
金箔の乗っかったお菓子。

金箔があるだけでなんか一気に豪華に見えますよね♪

実は日本国内で出回る金箔のほとんどが、石川県で作られているんです。
湿気の多い石川県は、金箔の製造に向いているそうですよ。

京都へ帰るときのお土産

先月、石川越してきたばっかりだけど京都に一回帰った私。
(12月、京都と石川をめっちゃ行き来した……)

京都の友人たちに買ったお土産は、北陸っぽいお菓子(のどぐろビーバー)と、金箔入りコーヒーかなざわ物語

金箔入りコーヒー
created by Rinker

それぞれ袋を開けてごっちゃにして、小分け袋に入れて配りました(*^^)

金箔入りコーヒーかなざわ物語

金箔コーヒーは購入時から、ちょっと自分でも飲んでみたかった(金箔を見てみたかった)ので、相方さんの分と2本ずつ確保。
一度一緒に京都へ行ったコーヒーですが、再び石川へ舞い戻りました。

この金箔コーヒーを入れるのは、信楽焼「炎の味がま(ひのみがま)」のカップです。

「炎の味がま」のコーヒーカップ

こちらは信楽セラミック・アート・マーケット2018に行った時に購入した器。
受け皿付きで、大変お手頃価格な器でした。(1000円以下!)

炎の味がまの器は「くらしのうつわ」というコンセプトで作られており、他の陶器と比べると全体的にお手頃な価格。
また女性の陶芸作家さんが作られているそうなので、女性の感性で作られた、女心を掴んじゃうような素敵な器が多いです。
窯元にお邪魔したことはないので、一度行ってみたいな〜……。

関連サイト

◆ 炎の味がま
公式HP

そんな、「The 陶器!」という感じの和風コーヒーカップなので、金箔コーヒーはとても合いそうですね。

普通に金箔珈琲を淹れると…

というわけで石川に帰ってきた翌日、年末の大晦日。

「2018年の締めくくりに、気持ち豪華に金箔コーヒー飲まへんか」と相方さんを誘い、早速淹れてみることに。

この「金箔入りコーヒーかなざわ物語」はインスタントコーヒーなので、カップとお湯さえあれば出来ちゃいます。

ということで早速、カップに粉末を入れてお湯をin!

あれ……普通のコーヒー!

金箔はどこぞ……
私の求めている金箔がいないではないか……

写真撮ってないですが、もちろん粉末状態ではコーヒーに混じって金箔がゴロゴロしていました。

しかしお湯に溶かすと、完全にすべて沈殿している様子。。

スプーンですくうように混ぜると、

見えますか、左下あたりにある輝かしい金箔が!!笑

なんとか綺麗な状態を写真に残したいと思った私は、ぐるぐるぐるぐる混ぜる。
混ぜている時は金箔がグワーっと舞ってくれます。が、手を止めると一瞬で底へ……

カメラを向けると、もうそれは普通のコーヒー。。
気まぐれで写ってくれる1〜2個の金箔のカケラさん。。

せっかくのコーヒーも冷めてきたので、この日はこれで諦めました。
金箔入り日本酒とかも、注いで数秒で底に沈殿しちゃいますもんね……仕方ない。。

お湯を先に淹れてみる

日付変わって、新年!

「どや! 2019年になった新年のお祝いに、金箔コーヒーでも飲まへんか」と相方さんを誘い、最後の金箔コーヒーを開けることに。

昨日は沈殿してしまったコーヒー。
「仕方ない」と思いつつも、やっぱりなんとか金箔がブワッと浮いた、パッケージ写真見たいな綺麗なコーヒーを思い出(記録)に残しておきたい。

この時、実は私には一晩考えた策がありました。

先にお湯を入れてからコーヒー入れたら、金箔が浮いたままなんじゃない?

ということで、自分のカップにお湯だけ入れて、テーブルへ。
(相方さんは何も気にしなさそうと勝手に判断し、一つはコーヒーの状態でテーブルへ。笑)

で、お湯カップにゆっくり金箔入りコーヒーの粉末を入れると……

おおおお!
金箔が浮いてる!!!

後入れなので周りがちょっとあわ状態。
これをスプーンで優しく、金箔に影響なさそうな力加減でそーっと回すと・・・

ジャーーーン! これぞ金箔コーヒー!!

めっちゃいい感じじゃないですか?笑
策が成った! 私の勝ち!!!

しかも、結構時間が経っても浮いたままでした。
「いっぱい表面にある分、底の方は少なくなっちゃったかな?」と思いきや、金箔は満遍なく珈琲の中を泳いでくれており、最初から最後まで金箔コーヒーを楽しめましたよ!

ちなみにこの日も嬉しさのあまりパシャパシャ写真を撮りまして、若干コーヒーは冷めてしまいました。笑

「金箔が沈んじゃう」とお悩み?の方はお試しを

金箔コーヒーの金箔を浮かせて飲みたい方、ぜひぜひ先にお湯をinしてみてくださいね〜。
そして撮影する場合はサッと終えて、熱くて美味しいうちにコーヒーをお楽しみください。笑

「金箔入りコーヒーかなざわ物語」でしか試していませんが、他の金箔珈琲でも出来るのではないかと思います。

また京都に帰る日、この自慢話とともに再び金箔コーヒーをお土産にしようと思います!

金箔入りコーヒー
created by Rinker