おうちで楽しむ石川のお酒!萬歳楽の「加賀梅酒」でまったり幸せ時間♪

お土産・テイクアウト石川,白山,お酒

石川県に移住した私、「石川県のどこが好き?」と聞かれると色々挙げまくることができますが、自然とテンションが上がるのは食べ物の話をしているとき。
イメージの強い海鮮だけでなく、お肉・お野菜・果物・お米……素材となるもの全てがハイレベル。だからお料理やお菓子も美味しい。
そんな石川・加賀地方では、お水(霊峰白山の伏流水)もとっても美味しいんです。お水が美味しいということは、ズバリお酒も美味しいのです!

加賀梅酒

萬歳楽の「加賀梅酒」は、北陸特産の梅を霊峰白山の自然水でじっくり漬け込んだ梅酒。

外でお酒がなかなか飲みにくいこのご時世。
おうちでまったり、まろやかで濃厚な美味しい加賀梅酒を楽しみました!

お酒の製造元

萬歳楽(小堀酒造店)
公式HP

萬歳楽「加賀梅酒」(小堀酒造店)

加賀梅酒の箱

霊峰白山の麓である、白山市鶴来に本店を構える蔵元・萬歳楽(小堀酒造店)。なんと300年以上も鶴来でお酒造りを続けられているんですって。
※現在、公式HPによると新型コロナウイルスの感染拡大の影響により本店は休業されているそうです。

白山の恵がたっぷり詰まった様々なお酒を造られていて、そのひとつが今回いただいた加賀梅酒。

箱のサイドの記載

北陸特産「紅映梅(べにさしうめ)」だけを使って、霊峰白山の自然水でじっくり漬け込んで作られた梅酒です。

私は酒屋さんで300mlタイプのものを購入しましたが、各オンラインショップでも各シリーズを購入することができます。サイズや熟成期間、様々なシリーズが展開されています♪

霊峰白山って?

私が住む野々市市からも見ることのできる白山。
石川県外に住んでいるとあまり馴染みのない「はくさん」と読む山ですが、実は日本三名山(日本三霊山)のひとつ。日本一有名な山・富士山と並んで挙げられる、名山のひとつなんです!

白山には水や農業の神様が宿るとされていて、白山から流れる豊かな水に、昔からずっと人々の生活が支えられてきたそうです。

雪がたくさん積もる白山の大量の雪解け水。それが地下をゆっくり通り、大地から溶け出すミネラルを含んだおいしい伏流水となるわけです。

ノーベルナイトキャップで飲まれた梅酒!

そんな白山の自然水でじっくり昔ながらの製法で製造・熟成された加賀梅酒ですが、なんと2013年にはノーベル賞のフィナーレを飾るパーティ「ノーベルナイトキャップ」で飲まれたことも。
世界のスゴイ舞台で飲まれたことのある梅酒は、この加賀梅酒が唯一なんですって。

また日経プラスワンランキングのおすすめの梅酒としても全国1位に選ばれたこともあるそうで、それらの栄光は梅酒の箱にもしっかり記されていました。

加賀梅酒の箱に貼られたラベル

世界が認めた加賀梅酒!
こんなスゴイ梅酒ですが、お値段はお手頃。300mlだと800円前後です。
ロックやストレートだとすぐ無くなっちゃいますが、割って飲むなら結構もつから、気負わず飲めるのも嬉しいです。

ストレートでいただきます

加賀梅酒の瓶

私の一番好きな梅酒の飲み方はロックですが、今回はストレートでいただきました!
味わいそのままいただきたいから……というのは表向きの理由。キャップを開けた瞬間に、氷の準備をしていないことに気付いたのが本当の理由。

グラスに注ぐ梅酒

金色に輝く梅酒。
トクトクトク……とグラスに注ぐと、梅の良い香りがふわり。
目にも鼻にも保養になります。

くびっと一口いただくと、それだけで濃密な甘味と梅の旨味がぶわーっと口中に広がります。
ストレートで飲んでいるということもあるかと思いますが、とっても濃厚。でも後味はスッキリしていて、くどくありません。甘さは上品でクセがなくて飲みやすいので、幅広い人に愛されそうな梅酒です。

加賀梅酒の品質表示

美味しいからどんどんグビグビ飲みたくなりますが、アルコール度数はしっかり14度なので飲み過ぎ注意。
私はそれを見越して、あえて300mlを買いました。……が、あっという間に飲み切ってしまったので、もうちょっと欲しくなっちゃいますね。
ロックやストレートでグビグビ飲む人は、720mlくらいがベストかも。

ごちそうさまでした

グラスに注いだ加賀梅酒

もともと果実酒がすごく好きだった私。関西に住んでいた頃は、大阪にあった「梅酒が100種類以上あるお店」に月1〜2回ペースで行っていた時期も。(そのお店、現在は閉店されているようです。。)

ここしばらくは日本酒orワインにハマっていたため、梅酒を飲んだのはすごく久しぶりだったのですが、「梅酒ってこんなにおいしかったっけ?」と、思わずちょっと目を見開いてしまいました。

私は普段行くスーパーでも販売されているのを見かけましたが、オンラインでも買えるので、購入〜お楽しみまで全部おうちの中だけで完結できるのもこのご時世で嬉しいところ。

ちなみに加賀梅酒は今回のノーマル(約2年熟成)のものだけでなく、ちょっとランクアップした5年熟成、さらには12年熟成まであるようです。ちょっとお高いけど、いつか飲んでみたい。桐箱入りなので贈り物にはすごくピッタリですね。

ごちそうさまでした!

お酒の製造元

萬歳楽(小堀酒造店)
公式HP