ジャムのレシピ本「ムラヨシマサユキのジャムの本」/読書記録

2019年6月1日家事・おうちごはん, 読書感想・レビュー

先日、図書館のレシピ本コーナーをウロウロしていたのですが、思わず手に取ってしまったのがこちらの本。

ムラヨシマサユキのジャムの本

ムラヨシマサユキのジャムの本です。

友人が「ムラヨシマサユキさんのお菓子の本がすごくいい」と言っていたのを思い出し、そのまま借りてしまいましたが、ものすごく満足の内容でした!

ムラヨシマサユキのジャムの本

著者はまさしくムラヨシマサユキさん。パン・お菓子研究家として活動されている方です。

私は今までムラヨシマサユキさんのレシピ本を読んだことがなくて、今回が初めて。
お名前は何度かお聞きしたことはありました。

このジャムの本がものすごくわかりやすくて手軽にできるレシピばかりだったので、他のお菓子の本も読んでみたいなと思いました。

ジャムオンリーのレシピ本

タイトル通り、ジャムばかり載っているレシピ本です。
が、ものすごく種類は多くて、甘いフルーツジャムから、おかず系のきのこペーストまで。あとケチャップなんかの調味料の作り方も載っています。

むかーし作ったゆずジャムが30分くらい煮込んでいた記憶があったので、ジャム作りといえば結構煮込む、時間がかかる、面倒臭い、というマイナスのイメージが強かった私。

でもこの本で紹介されているジャムの煮込み時間は3〜5分とかなり短め
昔かなり煮込んで作ったことのある「ゆずジャム」は、煮込むことすらせず冷蔵庫に入れておくだけの超簡単レシピ

だからかなり手軽にジャム作りができるんです。これは手元に置いておきたいレシピ本。

さらにレシピ自体も親切。
ものすごく細かく写真で紹介してくださっているので、失敗やわかりにくいこともありませんでした。
初心者でも問題なく、間違うことなく作ることができるようなレシピ本です。

「チョコバナナジャム」作ってみた

本当はいろいろ試したかったんですが、短期間にたくさんジャムを作っても消費できないので、ちょうどお家に完熟バナナがあったので「チョコバナナジャム」のみ作ってみました。

バナナジャムにしようと思ったんですが、材料のりんごジュースがなく……ちょうどチョコレートもあったので、チョコバナナジャムにしました。レシピの半量で作ってみました。

チョコバナナジャム

材料のホワイトラム(なければ好みの洋酒)が、今ピーチリキュールしかなかったのでそれで。
チョコにバナナに、ピーチリキュールって大丈夫?と不安でしたが、バナナジャムがりんごジュース入れるんだし、ピーチでも問題ないだろう!と判断。笑
リキュールの必要量もめっちゃ少なかったし。

瓶にジャストサイズのチョコバナナジャム

レシピの半量で、無印の「ソーダガラス密封ビン(225ml)」がちょうどでした。

とりあえず、パンに乗せていただきます!

トーストに塗ったチョコバナナジャム

チョコバナナなのでめっちゃ甘いです。が、すごく美味しい!

甘過ぎるのが苦手な相方さんはちょっとしんどそうでしたが、私はこの贅沢な甘さがたまりませんでした。
ついでにピーチリキュールも良い感じ。ほのかにフルーティーさがプラスされ、リキュールがちょっと大人な味をプラスしてくれて、ベストマッチ!

手作りバニラアイス&白玉にも添えてみました。

アイスと白玉に添えたジャム

バニラアイスが超甘くて濃厚なので、激甘になりましたが……笑
スイーツにもバッチリです!

ちなみに白玉は以下のレシピを見て作った「紅茶白玉」です。

こちらのレシピ本もすごくお気に入り♪

いろいろジャムを作ってみたくなる本

今回はひとつだけでしたが、本当に手軽に簡単に失敗なくできました。
煮込み終えるタイミングとかも、写真付きのレシピだからすごくわかりやすいんです。
「グツグツしたら」がどれくらいのグツグツかが、一目で分かるようになっています。

簡単に美味しいジャムが手軽にできるので、他のジャムも試してみたいです。
果物って急にたくさんいただくこともあるから、そんなときにサッと作れるようにするため、手元に置いておきたいジャムの本でした。