雪慣れしていない石川移住者、初めての大雪を体験中

石川暮らし石川,野々市,季節

石川に移住して3年目を迎えた私。
前年までの2年間はほとんど雪が降らなかったのですが、今年度はとんでもない大雪です。

北陸の大雪

雪がほとんど積もらない地域からの移住だったため、一晩で大きく積もった雪が珍しく、初日は興奮。
そして今はあまりの積雪量にちょっと呆然。一時、家から出られないという事態にもなってしまいました。

2021年1月、北陸地方は大雪!

屋根に積もった雪と降り続く雪

2021年1月、北陸地方は大雪に見舞われています。
場所によって被害の規模は変わりますが、100cmを超える箇所も。

私が住む石川県野々市市は大体50〜60cmくらいの積雪かと思われます。
(積雪量について正式な発表は確認できていないのですが、すぐお隣の金沢市がこれくらいなのと、実際に雪を目にした私の体感です)

1月10日午前も大粒の牡丹雪が降り、お昼現在、雪自体は止んでいますが、まだ油断ならない状況です。

この3連休に予定されていたイベントは、軒並み中止や延期が発表されています。
交通機関も終日運休、もしくは減便のものが目立ちます。

一時、家に閉じ込められる事態に

車なし生活を送っているので、「車の雪かきが必要ない=そんなに大雪が降っても影響ないのでは」と胡座をかいていた私。
雪かき用のスコップだけは「念のため」と移住初年の冬に購入したものの、今まで一度も使ったことがなかったので、外のトランクルームに入れっぱなしにしていました。

とはいえ今回、夜に降り積もっていく大雪を部屋の窓から見て、「これはさすがに危険では」と感じまして。
翌日の朝、みなさん車の雪かきで大変だろうから、私は共用部分の雪かきをしよう!と思い立って、トランクルームに向かおうとしたところ……

雪に閉じ込められる

押し戸タイプのオートロックのドア、雪で下方が埋まってしまって、出られない状態に。。どれだけ力を入れても、雪の重みでビクともしません。

外に出ることすらできず、完全に閉じ込められた状況に呆然。
こういうときどうすれば良いのか……とあたふたしているところに、ちょうど外から他の部屋の住人さんが帰ってきてくださり、救出していただきました。感謝!

再び閉じ込められないために雪かき初挑戦!

外に出てトランクルームへ向かったものの、トランクルームも当然ながら雪で埋もれています。降る前に確保すべきですね。
手と足でなんとか掻き分けてスコップを出して、人生初めての雪かき!

雪かき用のスコップ

再び入り口の扉が埋もれたりしないように、玄関から敷地入り口まで、道を作ってみました。
生まれて初めての雪かき、ものすごい重労働。コツなどはまだ掴めないながらも、とりあえずすくって、雪捨て場として雪が集められているところに乗せていきます。

積み上げられる雪

全身を使うので、最高気温0度の状況&超寒がりな私でも、開始1分くらいで暑くなってきて、30分経ったあたりから汗だくになるくらいでした。
(着込みすぎたのもあると思います。ヒートテック2枚、ライトダウン1枚、厚手のコートなどなど……)

途中、住民の方がご自身の車を雪かきで助け出そうとされているのを手伝ったり。
ウチは単身者が多いマンションなので今まで全く交流がなかったのですが、お互い励ましあったり協力したりできました。
雪かきはすごく大変。これを毎日やるのは本当に辛い。
でもちょっと人との触れ合いに、心はほっこりしたり。

少し雪遊び

今回の雪かきは「初めての作業」という補正がかかり、割と楽しみなが作業することができたので、2時間ほどひたすら雪かきし続けました。

一緒に雪かきしていた車もち住人さんたちの車もなんとか救出でき、敷地外へ出る道も作れて、共用ゴミ捨て場まで歩くこともできるように。
太陽も出てきたので、なんだかんだまだ雪を珍しく思っている私は雪かきから雪遊びへ移行。
雪に「苦労」だけさせられるなんて、勿体ないしなんだか悔しいですからね。しっかり「楽しい」も感じさせてもらいます。

雪だるま

年甲斐なくはしゃぎながら作った、ぼっこぼこの雪だるま。目と鼻と口も穴を開けてみたんですが、写真では分からないかも?実際見ると、なんだか怖くなっちゃいました。
これでも私なりに頑張ったんですけど、どうすれば綺麗な丸みを帯びた、そして可愛い雪だるまができるのか……
休憩したらまたチャレンジしたい。

前日の雪の様子

ちなみに、前日にお買い物に出かけたときの雪の様子です。

除雪機によって車道はアスファルトが見えています。そのため車道と歩道の間に山や壁ができているので、横断歩道を渡るのもものすごい段差。
何より雪が非常に柔らかく、ズボッと膝まで埋もれるので、結構大変。
雪の時は間違いなくおうち時間を過ごした方が良いですね。

流氷状態

川も流氷状態
少し時間が経って再度通ると、完全に凍って流れが止まっていました。

今はどうなっているかな?と気になりますが、早くも筋肉痛(疲労)が全身を襲い始めているので、今日はおうち近辺だけで大人しくしています。

雪かきは大変。でも人は温かい

雪かきは全身を使うので、やればやるほど疲れます。
リモートワーカーじゃなければ、車持ちの方は朝一番に雪かきしないと出勤できないし、雪かきしないと家に入ることもできません。雪国生活はやっぱり大変なんだなぁと感じました。
これ以上は雪、もう降らないで欲しいです。

ただ、普段平和に過ごしている毎日ではあまりできないレベルの「周りの人との協力」や「人への気遣い」が感じられたのは大きな収穫でした。
「同じマンションにどんな人が住んでいるかわからない」という状況も、この一日ですっかり顔馴染みの住人さん。こうやって地域の絆が広がっていくのでしょうか。
一人でやると途方もない作業ですが、大変な困難を共に乗り越える仲間がいて、「手伝います」と声かけをしながらやると早いものです!

とりあえず本日学んだこと。
「車なし生活=雪かきは不要」ということはありません。スコップは必要です。

もう家に閉じ込められないように、そして助け合い精神を忘れないように。
まだまだ雪慣れできていないですが、雪かき上手になるよう精進いたします!