★ おすすめ記事

【石川】石川移住者の味方「いしかわ移住パス(Iパス)」をGet♪詳細まとめ&申請〜発行まで!

石川暮らし石川, 移住関連

 

先日知った、石川への移住支援サービス「いしかわ移住パス」、通称Iパス。その知ったときの記事で「Iパス、申請してみます!」と宣言した私。
その後、記事アップ後少し間が空いてしまいましたが、ついに申請しました! そしてかなりスムーズに移住パスをGetできました♪

今回はその記録。改めて移住パスについての詳細と、郵送での移住パス申請から発行してもらえるまでの記録を残します。

 

いしかわ移住パス(Iパス)について

先日の記事でも軽く触れていますが、まずはおさらい!
そしてちょっと詳しめに、いしかわ移住パスについてまとめてみます。

 

いしかわ移住パス(Iパス)とは

いしかわ移住パスとは、「石川への移住を考えている人」「石川へ移住して一年以内の人」(いずれも18歳以上)が、協賛事業者から割引や特典を受けられるパスポートです。
パスの有効期限は、パスポートの交付日から3年間(移住後の人は2年間)。移住パスの発行は無料

引越代や宿泊代・家を建てるときの費用など、移住で一番大きなお金が掛かるところをサポートしていただけますし、それだけではなく有効期限内なら飲食店のドリンクサービスなど、普段の生活にプラスしたちょっと嬉しい特典も!

協賛事業者は以下のページから確認できます。現在も増え続けているようです♪

◆ Iパス・支援(いしかわ暮らし情報ひろば)
https://iju.ishikawa.jp/ipass/
上記ページの「協賛事業者一覧」(pdfファイル)

 

移住前に役立ちそうな特典

私は移住時にこのパスを知らなかったので、今考えて「これめっちゃ受けたかった」という特典をいくつかピックアップ!
※いずれも本記事投稿(2019年3月12日)時点の、上記「協賛事業者一覧」ページから確認した情報です。

移住前の下見に! ホテルの宿泊特典

移住する際、現地に全く訪れずに引越しを決めることってほぼないと思います。
「一生住むわけじゃない賃貸」での引越だって、周りの環境を見に来たり、部屋の内覧に行ったりと、最低でも一度は下見に行くことはあるはず。全く知らない地への移住なら、尚更ですよね。
でも石川県外に住んでいると、この下見ってめっちゃお金かかります。遠方だと日帰りが厳しいから、宿泊もしなきゃいけないし。。
そんなときにも、移住パスは大活躍!

たとえば金沢市の「金沢ニューグランドホテル」の場合、基本料金から30%引き
輪島市の「民宿 白塔園」の場合、素泊まりが4500円→3500円と、1000円引き

特典は事業者によって違い、割引以外の特典も。
白山市の「山里の香りただよう宿 ふらり」の場合は、おかみの可愛い手作り小物プレゼント
加賀市の「こおろぎ楼」では、宿泊時の貸切露天風呂1回サービス
このような一風変わった特典も、思い出にも残りそうですね♪

宿泊に関しては、現在県内の22社が協賛事業者です。

石川県をもっと知っておきたい! 観光体験の特典

移住をちょっと悩んでいる時、移住を決める判断材料の一つに「石川県を好きになれるかどうか」ってことも大事。そのためには「石川県の文化を知ること」って、大切なことだと思います。
就職・転勤・転職・進学などで、石川に確実に住むことが決まっている場合も、「もっと石川県のことを知っておきたい」ということもあるはず。
いざ実際に引っ越してくると、特に忙しい方はタイミングを逃してしまって「観光らしい観光」もできなくなりますし、移住前に石川文化に触れておくことは、移住してからの石川ライフが充実すると思います。
そんなときも、はい! 移住パス〜!

たとえば金沢市の「金沢カタニ」では、金箔貼り体験が10%引きで体験できます。
伏見寺」の拝観料も50円引きに!
また、多くの博物館・記念館・工芸館でも数十円程度の割引が♪

こちらは移住後も、移住パス有効期間内なら特典が受けられます。
移住してきてからでも、ゆっくり観光は楽しめます!

観光・体験の施設は、現在県内の20社が協賛事業者です。

 

移住を決めてから役立ちそうな特典

石川への移住を決めてからも、お金はたくさんかかります。家を建てたり借りたり、引越しにも費用はかさみます。。
移住前後はそれはもう出費続き。1円でもおさえられると嬉しいですよね!

賃貸も持ち家も! 住宅系のサポート特典

不動産会社が18社26店舗協賛されています。「仲介手数料の一万円引き」など、大幅に割引してもらえる特典が多数!

そして住宅建築・リフォームの会社が73社86店舗協賛されているので、新築やリフォームも特典を受けられます。「住宅新築工事・リフォーム・増改築工事の工事代金から3%割引」や「工事金額に応じてオーダーメイド家具プレゼント」など、嬉しい特典♪

また、金融機関も協賛事業者です。北國銀行や北陸信用金庫など、石川で超メジャーな金融機関!
住宅ローンの金利が少し優遇されるところもあるので、チェックしてみると良いかもしれません。

引越し代も安くなる!

引越事業者も6社が協賛。私が今回の移住で使った引越し会社もあります。
引越料金が5〜30%割引になったり、段ボールの無料サービスがあったり、大変お得な割引!

ただ、こちらに関してはもしかしたら不動産会社からの紹介などの方が安い可能性もあるかも。
私は今回、不動産会社からの紹介で複数の引越社から見積もりを出していただいたんですが、不動産会社からの紹介で「法人割引」、過去に使っていた「リピート割引」、他の引越社との競争による「独自割引」など全部きいて、結構安くしてもらえたんです。
移住パスは他の割引との併用が原則できないようなので、他の割引をいったん検討した上で決めた方が良いかもしれません。

でも、何の特典もないよりは絶対お得!
不動産会社からの紹介は受けず、自分がここだと決めている引越会社があるなら、普通にお願いするよりパス利用で引っ越した方がかなり費用はおさえられます♪

 

移住後にも役立ちそうな特典

今の私にも当てはまる! 石川への移住後にも役立ちそうな特典です。

県内のお店で受けられる特典

おそらく私はこれが一番日常的に使うであろう特典です。
県内の飲食店が37社67店舗、小売業は41社122店舗協賛されており、それぞれのお店で様々な特典を受けられます!

私がちょっと衝撃だったのが、金沢駅に隣接している「あんと」と「Rinto」の飲食店が多数あること。石川県民の愛する8番らーめん(あんと店)も、全品100円引き〜!
百番街の案内カウンターで移住パスを提示すると「特典ガイド」というものがいただけて、そこに複数のお店の特典利用券が添付されているそうです。
お店で直接提示して特典を受けるわけじゃないので、ちょっと注意ですね! まずは案内カウンター!

ちなみに我が野々市市からは、以下のお店が協賛されています。

  • 十五茶屋
  • 獅子家
  • 焼肉びーとん
  • うら庭 ~和モダン居酒屋~
  • 焼肉 和まる
  • 坂井青果
  • 100満ボルト金沢本店

前を通ったことのあるお店もありますが(インスタでフォローさせていただいているお店も!)、どのお店もまだ行けていないので、これを機に近々行ってみたいです〜(*^^)♪

自動車関連のサポート特典

こちら、普通免許を持っていない私には関係ない……というわけでもないんです。
自動車学校の教習料金も一万円引き特典があるんですよね〜。
「車なしで生活する」と息巻いている私ですが、この特典で少しだけ心は揺らいでいます。笑
何はともあれ、免許はあるに越したことはありません。なんだかんだ便利な野々市市に住んでいても、「車があったらもうちょっと早く目的地に着けるな〜」と思うことはちらほら。
都会では必要なくて免許持ってない!って方は意外と多いと思います。(私の友人はほぼ免許持ってなかった)そんな方も、ちょっとお得に自動車学校に通えて、免許取得を目指せます!

そして「免許は持ってるけど車は持ってない」という方。
石川では車は一家に一台……いや、一人に一台必要! なんて言葉も、私は引っ越す前に嫌という程聞かされていました。笑
自動車販売・整備の会社も28社64店舗と、多数協賛されています。車検整備代が安くなったりするようです。
新車購入のサポート自体はあまりなさそうですが、京都に住んでた時「維持費高いから車は持ちたくない」という免許持ちの友人も言ってたので、それがちょっと安くなるなら良いのかも?(車関連はさっぱり知識がないのでコメント薄いです、すみません。。)

そしてそして、「免許持ってるけど車は持つほどではない」という方。
それこそ維持費高いからあえて持たないという人、欲しいけどしばらく買えないという人。
レンターカー会社も3社21店舗が協賛されています!
普段の生活では今のところ必要ないけど、「ちょっとお出かけで遠出したい」というときにレンタカーは助かりますよね。基本料金の10%~最大50%の割引を受けられることも。半額ってでっかい!

 

その他の協賛企業

個人で経営されている美容室や整骨院なども協賛されているところもあります。なんと、婚活イベントの初回イベント参加費割引もあるみたい。
本当にいろんな企業が協賛されていますね。その数なんと、299社675店舗

「全部調べて覚えてからお出かけ!」っていうのはちょっと大変ですが、協賛されているお店には以下のステッカーが店頭などに貼られています。移住パスは常にお財布に入れておいて、対象のお店を見つけたら「ラッキー♪」なんて生活もよさげ。

※上記画像はIパス・支援(いしかわ暮らし情報ひろば)からお借りしました!

いしかわ移住パスの申請〜発行

さてさて、本題。
今回私が行った申請〜発行されるまでをまとめます。

申請方法

いしかわ移住パスの申請方法は以下の4つです。

  • ホームページからのお申し込み
    ※申し込み後、1~2週間までに身分証明書(運転免許証等)のコピー等を郵送
  • 東京・大阪・石川の移住相談窓口に直接提出
  • UIターンサポート石川に郵送
  • 県内市町移住相談窓口・県地域振興課・(公財)いしかわ結婚・子育て支援財団に提出

郵送で申し込んでみた

ホームページからの申し込みが楽かと思ったんですが、結局は免許証のコピー等も郵送で送る必要があったので、私はHPから申込書をダウンロード・印刷して、全部まとめて郵送で申請してみました。
申込書のダウンロードはIパス・支援(いしかわ暮らし情報ひろば)の真ん中より上の方、「Iパスの申込書」というところにあります。

とってもスピーディーな発行!

申請書を郵便局で出したのが火曜日の夕方で、移住パスが郵送で送られてきたのは同じ週の土曜日。お出かけから帰宅したら、ポストに入っていました。
正直もっと時間かかるだろうと思っていたので(1〜2週間みてました)、かなり素早いご対応をしていただいて大変満足です!

うれしいオマケも♪

移住パスと一緒に、こちらも入っていました!

私が1月に大満喫したコタツのある水族館、「のとじま水族館」!(3月現在、コタツはないと思います。。)
移住してからめちゃくちゃ行ってみたかった「いしかわ動物園」!
以前、白山比咩神社に向かう途中に通りがかった「ふれあい昆虫館」!

3施設の無料招待券です〜!

移住パスは前述の通り、無料で発行していただけます。あえていうなら、郵送代の「82円」が費用。
のとじま水族館の入館料「1850円」、いしかわ動物園の入園料「830円」、ふれあい昆虫館の入館料「410円」です。
これだけでもめっっっちゃお得! 「3008円」お得!!!
(こういう計算でテンション上がるのは元関西人の血です。笑)

お出かけ捗ります。すごく嬉しい!

最後に

出費がかさむ移住者にとって、移住パスで受けられる特典・割引は本当に大きいです。
金銭的な面だけでなく、「特典が受けられるなら行ってみようかな」と、新しい地でのお出かけのきっかけにもなると思います。

今もどんどん追加されているという移住パスの特典・割引サービス。
こちらの割引はそれぞれ、協賛事業者がサービスの提供費用を負担してくださっています。
つまり、協賛事業者のみなさまの「ご厚意」で受けられる特典・割引です。

「感謝」の気持ちを忘れずに利用したいですね♪

◆ いしかわ暮らし情報ひろば
https://iju.ishikawa.jp/

◆ Iパス・支援(いしかわ暮らし情報ひろば内)
https://iju.ishikawa.jp/ipass/


---
◆hanikoの活動
・twitter→haniko_nyaniwa
・Instagram→haniko_nyaniwa
・猫のハニワ「にゃにわ」のLINEスタンプ販売中です┌(^・o・^)┘→こちら
---
◆ブログランキング参加中です♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑クリックいただけると励みになります♪