桜の名所・山科「琵琶湖疏水」で春の最強コンビ「桜×菜の花」を愛でる/京都

お出かけスポット京都, 季節

 

京都・山科の桜の名所といえば、山科「琵琶湖疏水」が挙げられます。約4.3kmの疏水沿いに桜並木が続き、遊歩道をゆっくり歩きながら桜を楽しむことができます。
ところどころベンチがあるので、お弁当を持ってお花見も素敵です!

今回、毘沙門堂へのお花見と併せて琵琶湖疏水にも立ち寄ったので、その記録を残します♪

山科「琵琶湖疏水」

その名の通りですが、「琵琶湖疏水」とは琵琶湖から京都へ水を引くための人工水路です。明治時代に、当時の最高技術を用いて作られました。

京都の飲み水は琵琶湖の水。この疎水は、京都府民になくてはならないものです。
滋賀の友人を怒らせると、「琵琶湖の水止めるで!」と怒られることがしばしば。笑

琵琶湖疏水は蹴上の方が観光地としても有名かもしれません。記念館があるのも蹴上ですしね。

◆ 琵琶湖疏水記念館
https://biwakososui-museum.jp/

でも、滋賀からちょうど京都に入ってくるところにある山科の琵琶湖疏水は東山自然緑地として整備されており、特に春はめちゃくちゃ綺麗なんです。

春の最強コンビ「桜×菜の花」

そのめちゃくちゃ綺麗な景色がこちら。

桜と菜の花のコラボレーション!

桜の淡いピンク色と、菜の花の鮮やかな黄色、ものすごーく綺麗。
この日のようにお天気が良いと空の青さも相まって、写真を上手に撮るのが苦手でも良い感じに撮影できます。

桜と菜の花は、春の最強コンビですね。

単体でも感じる春を、同時に一気に楽しむことができます。

鮮やかな色と優しい色。
桜も菜の花も綺麗&可愛くて、最高の景色です!

併せて訪れたい「毘沙門堂」

琵琶湖疏水まで来たからには、もう少し坂を登ってぜひ毘沙門堂へ!
春の桜と秋の紅葉は特に、感動の絶景が楽しめます。

春の毘沙門堂の様子はこちら

自然は本当に心の保養になりますね〜(*^^)