日本最古の手動エレベーター!京都の北京料理「東華菜館」へ

2019年12月11日カフェ・レストラン京都, 食べ物

京都帰省時、四条大橋すぐの北京料理屋さん「東華菜館(とうかさいかん)」へ行ってきました。

東華菜館

鴨川沿いにあり、夏は納涼床や屋上でのお食事も楽しめる高級店。

歴史のある建物で、エレベーターはなんと貴重な手動のエレベーター!
日本最古の手動エレベーターは現在も活躍中で、レトロな雰囲気をめいっぱい感じられるお店です(*^^)

今回行ったところ

東華菜館(とうかさいかん)
公式HP

歴史ある「東華菜館」の建物

東華菜館の入り口

京阪の祇園四条駅で降りて四条大橋を渡ってすぐ、阪急四条駅なら徒歩1分というとても分かりやすいところにある東華菜館。通し営業をされているので、遅めのランチにも使えて大変ありがたいです。
1945年にオープンしたお店ですが、建物自体は大正15年にビアレストランとして建てられた洋館です。

第二次世界大戦が始まろうとする中で洋食レストランの存続が許されない状況になり、当時のオーナーが中国人の友人に建物を託し、そして東華菜館が生まれたそうです。

外観も内観もレトロで見る価値のある建物ですが、特に見るべきはエレベーター。

日本最古の手動エレベーター

東華菜館のエレベーターは手動エレベーターで、なんと日本最古のエレベーター
お店の方にお尋ねすると、現在94年目だそう。「あと6年で100年なので、頑張ってもらわないと」と笑顔でおっしゃっていました。

撮影も快諾してくださいましたよ!
手動エレベーターは常にお店の方が操作されていますが、写真を撮りやすいようにとエレベーターを開けた状態で離れてくださいました。
ものすごくテキパキと慣れてらっしゃったので、やっぱりエレベーター撮る方が多いんでしょうね。

半円のフロアインジケーター

今何階にエレベーターがあるかわかる、半円のフロアインジケーター
ここ以外ではデジタルのものしか見たことがないから、このレトロ感たまらないです。

ちなみに、外から見たときに建物のてっぺんにある塔。

マシンルームがある塔

この中に、手動エレベーターのマシンルームがあるんですって!
今まで装飾的というか象徴的というか、そういった塔だと思ってたのでビックリです。

そんな築100年近い手動エレベーター。その説明だけ聞くとガタガタしたりして怖いのでは……というイメージを抱かれるかもしれません。
でも、実際に乗ってみるとすごく安定感があって、恐怖心は一切生まれませんでした。
お話聞きながら「へ〜!」と感心してキョロキョロ見渡していると、あっという間に客席の階へ。。もうちょっとゆっくり乗りたいくらい。笑

後ろ髪を引かれつつエレベーターを降りて向かう客室も、雰囲気抜群。

レトロな客室

目に入るもの全てレトロで、うっとりしちゃいます。

南座が見えます

窓からは鴨川を挟んで向かいにある歌舞伎の劇場「南座」が見えます。国の有形文化財として登録されている建物です。

こんな素敵な空間で、北京料理をいただきます!

北京料理を一品料理でいただきます

こちらのお店は高級店なので、コースで注文した方が確実に安心してお食事ができます。

しかし今回は一緒に行った友人の希望で一品料理をいただくことに。
自由に食べたいものを注文しました。

カニとえのきとフカヒレの入った、カニ入りフカヒレスープ

カニ入りフカヒレスープ

しっかりした味付けで、とろみがあって体が温まります♪
小さく切られたフカヒレがちゅるちゅると美味しい。

野菜も食べないと!ということで、青梗菜のクリーム煮

青梗菜のクリーム煮

大胆に大きくカットされた青梗菜は、食感がシャキシャキ!
頼んでから思ったんですけど、中華料理でクリーム煮ってちょっと珍しい気が。

続いて、北京料理といえばの北京ダック

北京ダック

私は北京ダックが大好き。中華街とか行っても絶対に食べてしまいます。
実は初めて食べたのがこの東華菜館の北京ダックで、その美味しさに感動して好きになったんです。

北京ダックを包んでいただきます

タレをしっかりつけて、包んでぱくり。
甘いタレに、ネギの辛みがアクセントになって、本当パクパクいけてしまいます。
今回も美味しかった〜。

続いて、水餃子

水餃子

日本ではおかずになる餃子ですが、中華では主食の一種。
それに従い、今回はご飯や麺類なしで主食として餃子をいただきました。

もちもちした皮にぎっしり詰まった餡は肉汁がじゅわっとジューシー!

そしてエビチリ

エビチリ

結構ピリ辛なエビチリでした。私は辛いのが好きなので、この旨辛っぷりがとても良いです。
餃子を主食としたとこだけど、やっぱりご飯が欲しくなる……!笑

そうそう、東華菜館で日本酒をお願いすると、東華菜館ボトルの日本酒をいただけます♪

東華菜館オリジナルボトルの日本酒

オリジナルボトル、ちょっと嬉しいですよね(*^^)

中身は伏見の日本酒
伏見のお酒らしく甘口で、オーソドックスな飲みやすい日本酒でした。

締めはもちろん、デザート!

マンゴープリン

杏仁豆腐と迷って、マンゴープリンに。

結構お腹いっぱいでしたが、やっぱりデザートは別腹ですね。スルスル入って美味しかった〜。

ごちそうさまでした

お箸入れも東華菜館

レトロな空間でいただく北京料理でした。

今回は友人に奢ってもらったんですけど(ありがたや〜)、果たしていくらになったのか想像するとヒヤヒヤ。
コースだと1人5000円から予算に応じて対応していただけます。自分で払う場合はコース以外はお願いできそうにないです。。
ただし大好きな北京ダックは12,000円以上のコースじゃないと付かないんですよね。。笑

ちなみにたくさん頼みすぎて食べきれなかった場合は包んでいただいて持ち帰ることができます。

お持ち帰り可能

私たちは食べ切りましたが、追加オーダーしてお包みいただきました。
エビチリを白いご飯と一緒に食べたくて晩ご飯用に……なんという贅沢!笑
友人は冬季限定お持ち帰り用の肉まんを、ご家族へのお土産に購入。

おうちでも美味しくいただけました。

ごちそうさまでした!

今回行ったところ

東華菜館(とうかさいかん)
公式HP
食べログ

営業時間:11:30~21:30(L.O 21:00)
定休日:無休
住所:京都市下京区四条大橋西詰/阪急四条駅から徒歩1分
電話番号:075-221-1147

※投稿時の情報です。最新情報はお店の公式情報をお確かめください!

近くのカフェを探す!

「東華菜館」を中心に、ソーシャルロケーションサービス「MachiTag」で登録されている近くの「#カフェ」のMAPです。ランチ後やディナー前に、カフェ巡りでも♪
その他のハッシュタグ情報はMachiTagで探してみてくださいね。