【映画感想】「スパイダーマン/ファーフロムホーム」※ネタバレ注意

映画感想・レビュー

2019年6月28日に公開された「スパイダーマン ファーフロムホーム」を公開初日に観に行きました!

マーベルシネマティックユニバースのスパイダーマンとしては「スパイダーマン ホームカミング」に続いて2作目、MCU作品としては「アベンジャーズ エンドゲーム」に続く23作目で、フェーズ3を締めくくる最終作です。

前作エンドゲームの後の話で、その内容がかなり大きく引きずられています。
そのため、前作を観ていない方はいきなりネタバレがくるので要注意です。

しかし単体でも楽しめる、面白い映画でした!

以下、本作とエンドゲームのネタバレも一部ありますので、まだ観ていない方は要注意です。

「スパイダーマン/ファーフロムホーム」

物語はエンドゲームの後。失われた人たちが5年の歳月を経て無事に戻り、落ち着きを取り戻した世界が舞台です。

アイアンマンのいなくなってしまった世界は「アイアンマンの意志を継ぐ次のヒーロー」として、スパイダーマンに期待の目を向けていますが、ピーター・パーカーはその重荷を背負う自信がない様子。
主要メンバーを失ったアベンジャーズを再編しようとしているニック・フューリーからの電話も、無視してしまいます。

自分はただの16歳の高校生だ。
アイアンマンみたいに立派なヒーローの器なんてないんだ、と。

そんな彼は夏休みの旅行を楽しむことに。
学校の行事としていくヨーロッパで、思いを寄せているMJへ告白もする!と決意も抱きます。

しかしその旅先で、とんでもない強大な力を持つ敵が現れてしまいました。
それでも「学校のみんなにバレるから戦わない!」というピーターでしたが、ニック・フューリーによって旅行先を次の事件が起きる場所に変えられたり、スパイダーマンの別のスーツを用意したり、結局スパイダーマンとして戦うことになったピーター。

別の世界の地球からきたという「ミステリオ」というヒーローと共に、戦うことになったのですが……

全体的にクスッと笑えるシーンが多く、ストーリーもどんどん軽快に進んでいくので二時間ちょっとがあっという間でした。

高校生かヒーローか

ホームカミングでもアベンジャーズでも感じるのですが、スパイダーマンの魅力って「等身大の高校生」であることなんですよね。
まだまだ未完成の状態。だからこそ何かがあるとすぐに心が揺れ動いてしまうし、躊躇してしまう。スパイダーマンはヒーローとしての能力が存分にあるけれど、まだまだ心は幼いんですよね。
そんな彼が、人としてもヒーローとしても成長していく様子を見守るのが面白いんです。

今作では最初から葛藤を続けていて、旅先にもスパイダーマンのスーツを持って行かないほど。(メイおばさんに忘れ物として荷物に入れられてたけど)

ただの高校生かヒーローか、揺れ動く心模様がとても感じられました。

未熟さを利用してきた本作の敵

強大な敵エレメンタルズを倒した後、ニック・フューリーからアベンジャーズへの加入の話が。
しかし、「その前に覚悟を決めろ」と言われるピーター。

このときもピーターは迷い続け、ミステリオが親身に相談に乗ってくれます。
スパイダーマンの未熟さや素直さゆえに、「やっぱり次のアイアンマンは自分じゃない。ミステリオだ」と思い込み、ミステリオにアイアンマンの遺物を渡してしまうピーター。

しかし、真なる敵はミステリオという展開。
今までの戦いは全部、プロジェクターで投影した偽物だったということです。
トニー・スタークに恨みを持つ技術者が集まり、仕組んだことでした。

ものすごい技術

敵の技術はものすごくて、立体的にまるで本物かのような映像を投影し、映像の中に入り込んだドローンが動きに合わせて攻撃を行います。
私も観ながら「こんな敵どうやって戦えばいいんだ……」と絶望するほど。

サノスのようなパワー型じゃないけど、その分ネチネチと嫌〜な戦い方です。
何が本物で、何が偽物かがわからなくなる恐怖。恐ろしいくらいに伝わってきました。

恋の行方が可愛い

今作は戦いだけじゃなく、ロマンスも魅力!

高校生らしい恋心が可愛すぎてキュンキュンしました。
ライバルとMJがいい感じになっているのを観て妬いちゃったり、ライバルをドローンで攻撃しようとしちゃったり。笑

MJも可愛いんですよね。ホームカミングのときから大好きだったので、観ていてニヤニヤしちゃいました。

他にも恋がたくさん

ピーターとMJだけじゃなく、他にもロマンスがたくさん!

ネッドやハッピーも、熱い展開?
この辺り、微笑ましくもあるんですけどクスっと笑えることも多くて、面白かったです。

エンドロールまではハッピーエンド。でも……

最後はしっかり敵も倒し、MJとも両思い。ハッピーエンド! というところでエンドロール。

しかし、エンドロールの合間、全世界にとんでもない動画が配信されてしまいます。
スパイダーマンが悪者として加工されたもの、そして、スパイダーマンの正体まで。

「え、次どうなるの!?」と、最後の最後に気になる展開になってしまいました。
これから2020年に始まる、フェーズ4へ繋がっていくんですね。

また、全エンドロールの後にも映像があります。
そこではまたまた衝撃的なことが。。いつからスクラル人にかわってたんだろう?
途中から? 最初から?

これまた今後が見逃せません。

さすがの面白さ!次作が待ち遠しい

最初から最後まで引き込まれまくりの二時間ちょっとでした。

マーベル作品集大成だったエンドゲームを観て、私は「なんだかんだでこれでマーベルから卒業かな……」と思うところもあったのですが、やっぱり今後もマーベル卒業はできなさそうです。

「僕はヒーローのうつわじゃない」と悩むピーターに対して、ハッピーが「トニーもそうやって悩んでいた」と言った時のピーターの表情が忘れられません。
ホームカミングのときにも成長を見せたスパイダーマン、このファーフロムホームでも大きく成長してくれました。

やっぱりスパイダーマンいいなぁ。好きだなぁ。
次作がとにかく待ち遠しいです。早く観たい。。

そしてPS4で出ているスパイダーマンのゲーム「Marvel’s Spider-Man」、実は持ってるのに途中で他のゲームに浮気してしまってます。今作を観て久しぶりにものすごくやりたくなりました。

街を駆け巡るだけで楽しくて満足して、ストーリー全然進めてないのでやらなくては……!