醍醐寺境内のフレンチカフェ「スゥ・ル・スリジエ」でランチ/京都

2018年11月12日カフェ・レストラン京都, カフェ, 食べ物, 寺社

秋晴れの週末、京都の有名な世界遺産「醍醐寺に行ってきました!

醍醐寺の紅葉の写真です

醍醐寺は豊臣秀吉が桜のお花見をしたことで有名ですよね。でも紅葉も秀吉は楽しみにしていたそうで、秋の醍醐寺も見所満載なんです。

そんな醍醐寺の境内にあるフレンチカフェ、「スゥ・ル・スリジエ」というカフェをご存知でしょうか?

スゥルスリジエの入り口です

和のイメージしかない醍醐寺の境内に、西洋メニューをいただけるまさかのフレンチカフェがあって、ランチやスイーツをいただくことができるんです。
このスゥ・ル・スリジエでランチをしてきました(*^^)

今回行ったところ

スゥ・ル・スリジエ
公式HP

醍醐寺
公式HP

醍醐寺の境内にあるカフェ「スゥ・ル・スリジエ」

実は今年の5月にも醍醐寺に行っていた私。
その時は、2017年に「醍醐寺×IKEAのカフェ」がオープンしたという話を聞いていたので、そのカフェ目当てで行きました。

カフェのある醍醐寺境内霊宝館の入り口

霊宝館にあるしだれ桜に囲まれた憩いの場だったスペースが、イケアの家具でプロデュースされたお洒落なカフェになったらしい。
5月だから桜の時期じゃないけど、お花見できなくても境内にあるお洒落カフェって珍しいし、行ってみたい。
そんな思いで行ってみたのですが……花見の時期が外れているからなのか、たまたまなのか、その日のカフェはクローズ中。

そんなこんなで再チャレンジで伺った今回。
今日こそは!と思いつつも、前回同様やってるかわからないままドキドキしながら行ってみたら……

なんと2018/10/1にリニューアルオープンされて、新しいカフェが!
もしかしたら5月に行ったときは、リニューアルの準備であいてなかったのかもしれません。

リニューアルオープンされた「スゥ・ル・スリジェ」

カフェの入り口です

スゥ・ル・スリジェ」とはフランス語で「桜の樹の下で」という意味。
フレンチシェフ、黒岩巧氏がプロデュースされたフレンチカフェ・レストランです。
黒岩シェフは現在5店舗のオーナーシェフを務められているそうですよ〜!

こちらのカフェがある場所は醍醐寺の境内の中「霊宝館」にあります。
拝観料を払って入ることができる「三宝院」「霊宝館」「伽藍」のうち、土地の面積としては一番小さなところで、主に資料などの展示が行われているところです。

「春」に行ってみたいカフェ

霊宝館の本館の前にあるフレンチカフェですが、実際に行って改めて「春にも来てみたいな」と思いました。
なんてったって、カフェの外観はこちら↓なのですが、

カフェ外観の写真です

お店の壁面が全部ガラス張りなんです。
そして、手前にも奥にもある、ドーーーンと存在感を放つ大きな木は、とっても立派な桜の木!

桜を特等席で眺めながら、お洒落なお料理やらコーヒーやらスイーツやらをいただく……春の光景を想像すると、とっても素敵ですよね。
特に桜が散りゆく季節だったら、花びらが舞う様子を近くでのんびり見られるわけですね。
素敵すぎます。ロマンチックですね。
桜のすぐ近くに座れるテラス席もありますよ。

とはいえ晴れた青空や緑、とにかく自然をじっくり堪能できるこちらのカフェ、春じゃない今の時期でも、とっても雰囲気が良かったです。

店内の様子

醍醐寺カフェ

紅葉にはまだ早い時期でしたが、お店は人気。ランチタイムにしては早い時間なのに結構席が埋まっています。

窓ガラスの奥にしだれ桜の枝が見えて、改めて桜を想像。
私は窓から一番遠い席でしたが、それでもこの空間を堪能できます。ガラス張りの店内は自然をたっぷり感じることができますね。

醍醐寺×IKEA」というのは押し出されていなかったですが、家具はリニューアル後もイケアのままのようです。
醍醐寺という歴史あふれる場所で、新しくオシャレな家具で統一されたフレンチカフェ。
ソファ席もテーブル席も、「あれ、ここお寺の中だったっけ?」と不思議な感じになります。

ランチをいただきます

メニューはさすがフレンチ料理といった感じで、お洒落なお料理がたくさん。

カフェのメニューです

お寺×フレンチということなのか、薬膳系のお料理が多めでした。
ちょうどランチタイムにお邪魔したので、がっつりランチをいただくことに。

セットにすると結構いいお値段になります。
この日は本当にぶらーっときてあまり持ち合わせがなかったので笑、私はハンバーグとだいぶ迷ったもののバケットサンドを、一緒に行った相方さんは薬膳カレーをそれぞれ単品でオーダー。

バケットサンド

バゲットサンド

こちらがバケットサンド
どうやら日によって味は違うようで、私が行った日はチーズ&ハム&トマトが挟んでありました!
かみごたえのあるバケットサンド、ポテトも盛りだくさんで満足です♪

ちなみにこのうつわ、重箱になっているようです。
サラダセットを頼むと白い器、デザートセットを頼むと青い器が重ねられ、フルセットになるとお店にディスプレイされているこちら↓

フランス国旗の重箱が飾られている写真です

こんな感じのフランス国旗の重箱になるという、ユニークなものでした!
考えられてますよね、和とフレンチの融合。さすが醍醐寺のフレンチカフェ。ちょっと面白いし、フルセットにすればよかったかな〜。

薬膳カレー

ランチメニューの薬膳カレーです

こちらが薬膳カレー

薬膳というだけあってハーブの風味が強めです。苦手な人はお気をつけくださいね。おそらく、かなり好き嫌いは分かれるのではないかなというお味です。
好きな人には美味しく感じるお味で、ひとくちいただきましたが私は好きな方でした!

ちなみに結構お上品な量ですので、たくさん食べたい方には物足りないかも。セットにするのがオススメです。

ごちそうさまでした

そんなこんなで、想像通り素敵な雰囲気のカフェでした♪

私はランチで行きましたが、ぶらっとお茶するのも良さそうです。
そもそも薬膳系ごはんが苦手な方は、ランチよりお茶で行く方がおすすめです。「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」という薬膳関係なさそうに見えるちょっとお高めなフレンチもありましたが、だいたい全てのお料理に「薬膳スープ」がついてきます。
このあたり「お寺にあるフレンチメニュー」という感じですね!

スイーツはいただいていませんが、醍醐寺特製スイーツや、京抹茶パフェなどが。
他にも「プチスイーツ三種盛り」というものもあり、「ちょっとだけ甘いものをいただきたいなぁ」という人にもよさそう!

注意点としては、カフェだけ行きたいという場合も、醍醐寺の境内なので拝観料が別途必要です。
拝観料は季節によって異なりますので、こちらもご注意!

今回行ったところ

スゥ・ル・スリジエ
公式HP
食べログ

営業時間10:00~17:00 ※季節変動あり
定休日:不定休

住所京都府京都市伏見区醍醐東大路町22/醍醐寺 霊宝館
電話番号
075-571-1321

醍醐寺
公式HP

拝観料
【通常期】800円
【春期・秋期】1,500円

※投稿時の情報です。最新情報はそれぞれ公式情報をお確かめください!