「UFOのまち」羽咋はジョジョ立ちの聖地? シュールで楽しい駅前/石川

2019年2月23日お出かけスポット石川, 羽咋

先日「道の駅 のと千里浜」で行われたのどぐろ祭りのレポで触れた通り、羽咋市は個人的にものすごくツボに入り、面白さに溢れたシュールなまちでした。

滞在時間がとても短かったので気になったスポットには行けずでしたが、駅周辺だけでひと記事に残せる面白さだったので、思い出記録を少しだけ。

なんとここ、ジョジョ立ちの聖地とも言われているそうですよ?
今度じっくり訪れて、お出かけスポットもしっかり紹介したいと思います!

※追記:後日、コスモアイル羽咋に行ってきました。楽しすぎるスポットでした!

今回行ったところ

◆ 羽咋市
公式HP

シュールで楽しいUFOのまち「羽咋市」の記録

私がツボにはまった羽咋の記録。

南羽咋駅のポケモンGOのポケストップ

まずは到着前。
電車で金沢から羽咋へ向かう途中、南羽咋駅でポケGOを開いてジムのポケストップをタッチすると……

南羽咋駅のポケストップ

使用されている写真にびっくり。笑
これ、電車の中から窓越しに駅構内にある「みなみはくい」柱用駅名標を撮影されているようです。

他の駅のポケストップは大体「駅の外観」だったり。もちろん他にも「駅名標の写真」を使用されていることもあるんですけど、文字がハッキリ映るように撮影されています。

それがこの、窓越し撮影。窓枠で文字も途切れて「みな はくい」になってるし。笑
この羽咋の扱いが、なんともシュール第一弾。

羽咋駅の砂像にまぎれて……

砂像が出迎え

「ようこそ羽咋へ」と、砂像たちが出迎えてくれます。「はくい」と読み仮名もつけてくれてありがたい! 最初全く読めませんでした。馴染みのない地名って難読。
この砂像たちはのどぐろ祭りのときに知った、千里浜の砂で作った砂像♪

千里浜なぎさドライブウェイ

駅には千里浜の案内が。日本のビーチランキング2016、第1位!
日本で唯一、車で走れる砂浜。デートにきっともってこい。海のすぐそばでドライブデートなんて、すごくロマンティック!
こうやって車で走れるほど細かい砂だから、繊細な砂像が作れるそうです。

目玉おやじの砂像

私が子供の時から大好きで、今も毎週日曜日に欠かさず見ている「ゲゲゲの鬼太郎」から、目玉おやじもおります。(お出かけ時は録画するくらい鬼太郎好き)
瞳孔周りの虹彩の線も、すごく細かく表現されています。足の指も、ポロッと取れないのが不思議。

さてさて、上の「ようこそ羽咋へ」写真の左下。そして目玉おやじアップ写真の左下。
なんだか気になるポスターがありますね。

ど田舎の博物館という自虐ポスター

でっかいUFOが。

この日まで私は「羽咋市のことを全く知らない」と思っていました。
が、この瞬間「なんか知ってる、絶対テレビで見たことあるまちだ!」と頭の中で豆電球ピカリ。

そう。この羽咋はいわゆるUFOのまち!!

昔だだハマりしていたオカルト系番組で見たのか、月曜から○ふかし等のバラエティ系番組で見たのかは思い出せませんが、確実に見たことがありました。
日本海側で、頻繁にUFOが目撃されているUFOのまちがあると。
そうか、あれは羽咋だったのか……!と、私の中で点と点がつながりました。

羽咋市のご当地キャラクターが濃い

そんな羽咋市のご当地キャラクターはすごく濃い。

羽咋市のゆるキャラ宇宙人サンダーくん

宇宙人サンダーくん

ご当地キャラが宇宙人。さすがUFOの街!
ノリノリポーズのサンダーくんの、おそらく実物大と思える看板が駅で出迎えてくれます。

ちなみに羽咋市の公式HPがこちらなんですが……一見、千里浜を推しているような、優しい雰囲気のHPです。
が、「観光」のアイコンがこっそりUFO。そして右側の画面を一番下までスクロールすると、突如出現するUFOアイコン(ページトップボタン)。

私、羽咋市は「UFOのまちと呼ばれている(他称)」と思っていましたが、羽咋市自らが「UFOのまちと自称」して、成り立っていたんですね……!

UFOのまちと言われる所以

なぜUFOのまちと言われているかというと、石川県羽咋市の観光情報サイト「UFOのまち研究室」で詳しく説明されています。
江戸時代から空飛ぶ円盤が目撃されていたという伝承が残っているそう。かなりの歴史です。
また、羽咋市の市内には、UFOに関するグルメを提供するお店もあるそうです。気になりますね。

そして私が今大変気になっている宇宙科学博物館コスモアイル羽咋(上のポスターの施設)では、なんとこの宇宙人サンダーくんがアルバイトをしているそうな。
これは会いに行かねば!

※追記:会いに行きました。そして恋しちゃいました。

駅前の擬音石彫オブジェ

まだもうちょっと続きます。
ここまで羽咋駅だけの紹介なのに、これでまだ終わらないのが私の惚れた羽咋市です。

駅前にはまだ面白オブジェが。

羽咋駅にある擬音の石彫オブジェ

ジャーン!

いろんな駅前でよく見かける設備時計ですが、その下にあるのは他の駅では全く見たことないものです。擬音が具現化している……!
(左上でサンダーくんがまた「UFOのまちへようこそ」と言ってるのも気になるけど)
「ジャーン!」に気を取られがちですが、左側にはUFOもいますね。

羽咋駅にある擬音の石彫オブジェ2

ズズズズズズー

横から回り込んで見ても、また擬音が!!
私はジョジョの世界に入り込んでしまったんだろうか。。笑

ここはネットでジョジョ立ちの聖地とも言われてジョジョラーに愛されているスポットだそう。(お話の舞台というわけではありません)
私も密かにジョジョラーなので、まさか意図せず聖地に来られるとは嬉しい限り。

センターのUFOオブジェのところには「UFOのまち 羽咋見参」の看板があります。写真スポットですね。
この位置からなら、「ジャーン!」も「ズズズズズズー」もUFOも看板も一緒に写ることがそうです!

駅前だけでも面白い羽咋

コスモアイル羽咋の非常事態宣言

羽咋、僅かな時間でも大変楽しませてくれるまちでした。

私は今回の羽咋旅はのどぐろ祭りに一直線だったため見つけられませんでしたが、UFOの形の街灯や宇宙人用のトイレなんかもあるそう。とっても興味深い!

まち全体でUFO推しをする羽咋。
他のまちでは味わえない「ちょっとシュールな面白さ」を感じることができる、楽しいUFOのまちでした。
必ずまた行きます。待っててね、羽咋〜!!

→ということで追記:行ってきました。

今回行ったところ

◆ 羽咋市
公式HP