土日限定!野々市市郷土資料館「六日町かふぇ」/石川

2019年6月19日お出かけスポット, カフェ・レストラン石川, 野々市, カフェ, コーヒー, スイーツ, 文化施設

野々市市郷土資料館「旧魚住家住宅」の中にある「六日町かふぇ」に行ってきました!

六日町かふぇの入り口です

農村にある商家だった旧魚住家住宅は、入り口に商売をしていた「ミセノマ」があります。
ミセノマ部分は週末の土日限定でカフェ「六日町かふぇ」がオープン♪

旧魚住家住宅は市に指定されている有形文化財。その落ち着いた館内の中で、コーヒーや軽食、スイーツがいただけちゃうんです!

私が資料館にお邪魔したとき週末でカフェもオープンしていたので、あわせて行ってきました(*^^)

今回行ったところ

◆ 六日町かふぇ
食べログ

茶房 六日町かふぇ

北鉄バス「野々市本町3丁目」から徒歩2分「野々市中央」から徒歩7〜8分ほどのところにある「野々市市郷土資料館」の中、入り口すぐの「ミセノマ」部分に土日限定でオープンするカフェ。

オープンしているときに出ている六日町かふぇの看板

表にこちらの看板があれば、カフェオープン中!
営業時間は資料館の開館時間とは異なり、10時~16時の営業です。
また店主がお一人のため、ごくまれに土日でもお休みになる可能性もあります

住民と観光客の交流の場

六日町かふぇは、「野々市宿六日町の会」が2014年に開いたカフェ。住民と観光客の交流の場として作られたそうです。

私がお邪魔した日はカミーノでイベントがあったらしく、イベントに訪れた方がふらっと六日町かふぇにも立ち寄ったりしていたようです。
その他、近くにお住まいの常連さんと思われる方も、ちらほらカフェに来られていました。

店内の様子です

店内にはテーブル席が数席。2人がけ〜4人がけの席がいくつかあります。
カウンター席も5席ほどありました。

落ち着く館内の雰囲気

江戸末期を再現されたお家の中なので、館内の雰囲気はとても良いです。

和の館内を眺めながらお茶できます

横に広がる和の空間。
私はこんなに立派なお家に住んだことはないけど、どことなく懐かしさを感じます。

道路側は格子窓です

逆側に視線をやると格子窓。
写真じゃ分かりづらいんですが、結構はっきり外の様子が分かります。
外から見ると中の様子はほとんど見えないのに、不思議ですね。昔の方の工夫って本当にすごい。

きな粉屋さんの女性店主

笑顔が素敵な女性店主は、とてもお話し上手&聞き上手な方。
館内の落ち着いた雰囲気の中で楽しくお話ができて居心地が良いです。

この店主さん、普段はきな粉屋さんを営んでらっしゃるそうです!
そのため六日町かふぇのメニューは、きな粉を使われたものが多めです。

六日町かふぇのメニュー

六日町かふぇのメニュー

メニューはカウンター越しの壁に張り出されていて、写真がないため初めてだとちょっと分かりにくいかもしれません。
貼られていたのは6種のメニューで、「こーひー」「六日町小昼(こびり)」「あいすくりーむ」「じゅーす」「きなこどりんく」「いりこどりんく」でした。
私はコーヒーと、スイーツがあればそれをいただこうと思っていたので、「こーひー」と「あいすくりーむ」をさっとお願いしました。

が、結構気になるメニューが。「いりこどりんく」ってなんだろう? いりこだし?
また行って確かめないと……!

ちなみに「六日町小昼」が軽食メニュー。上記北陸新聞さんのご紹介によるとピザトースト、フルーツ、きなこどりんくがつくそう。(古い情報なので、もしかしたら内容は変わっているかもしれません)

カフェだけでなく、ランチにも良さそうですね〜!

あいすくりーむ

ボリューム満点のあいすくりーむ

六日町かふぇで食べられる「あいすくりーむ」がこちら!
アイスにシリアル、きな粉、黒蜜がかかった豪華なアイスクリームです。

もっと小さいものを想像していたので、そのボリュームにまずびっくり!

アイスは濃厚さはあるのにさらっとしていて、ボリューミーだけどいくらでも食べられそうなアイス♪
このアイス、きな粉&黒蜜との相性いいし、なによりきな粉がきな粉屋さんの自家製きな粉!
和の空間でいただく和スイーツ、美味しかったです(*^^*)

ちなみに紙ナプキンが「Happy Birthday」と書かれていたので、もし訪れた時たまたま誕生日だったらびっくりしそうです。笑

こーひー

おやつ付きのコーヒー

コーヒーはホットとアイスが選べますが、ホットをお願いしました。
この日ちょっと肌寒かった上に、アイスクリームも食べましたからね。

飲みやすくて美味しいコーヒーで、大人のキットカットもつけていただきました!

そしてこのカップ。

お花柄の可愛いコーヒーカップです

椿のコーヒーカップですね♪
野々市の市花「椿」のカップを使われるとは、さすが野々市市郷土資料館のカフェ!

ごちそうさまでした

和を存分に感じるとても素敵なカフェでした!
「交流の場」として作られたカフェなので、「静かにお茶したい」という人よりも「飲み物を美味しくいただきながらお話も楽しみたい」という人が向いているかも。

市の文化財として指定された歴史ある空間でお茶がいただけるのは、とても良い経験になりますよ〜!
資料館の見学と一緒に、もしくはカミーノなど近くへ訪れた際、土日限定ですがぜひ寄ってみてくださいね。資料館の見学は無料です!

今回行ったところ

◆ 六日町かふぇ
食べログ


営業時間:10:00~16:00
定休日:平日(臨時休業あり)
住所:石川県野々市市本町3-19-24/バス「野々市本町3丁目」から徒歩2分
電話番号:076-246-2672(野々市市郷土資料館)

※投稿時の情報です。最新情報はお店の公式情報をお確かめください!